ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2018年10月(4)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
絵の練習 ] 2018/09/22(Sat)
手癖で絵を描くのをやめたいと日頃から思っているわけで。
同じ角度の顔しか描けないのは困るので、アタリ線をまず引いてるわけですよ。丸と十字線のあれ。

しかし、気付いてしまった……気付いてしまったのです。
そのアタリ線が手癖で描かれているから、結局は同じ角度しか描けないことに。

しかもそのアタリ線、球体になってない気がする。丸にふにゃっとした十字線が張り付いてるだけ。
アタリ線が信用できないってなんやねん。ハズレ線やんけ。

そもそも、アタリ線が描けたところで、球体のアタリにどうやって目鼻を乗せるのかもよくわかってない気がする。
鼻って出っ張ってるし、ヒトの目は球面に沿わずに正面向いてるし。
ちょっと奥さん、二次元の顔って難しくない!?

手癖で描いていたものは、意識しだすと途端にわからなくなる。息の仕方がわからなくなるように。

というわけで、作ったった。



立体がわからないなら立体で作ればいいじゃない!

ドール用のハゲヘッド(オビツ11)に、自分の絵柄に似るようにアタリ線を引きました。
画材はリキテックス。筆でまっすぐ線引くのむずい。いや、ペンでもむずいけどさ。

手癖で描いてるときはあんまり意識しなかったんですが、目って位置だけでけっこう絵柄に影響するもんなんですね。形や塗りだけじゃなくて。
ちょっとずれるだけで全然違う絵柄になる。

オビツ11はデフォルメ素体だけど自分の絵柄はデフォルメではないので、目がわりと上の位置になってます。
既製品ですゆえヘッドの形が若干合わないところはあったりもするんですが、だいたい似たのでOK。
どのみち絵に落とし込むときに目で補正しますよってに。精密にスケッチしたりトレスしたりするわけではないので。



ナナメ向き。
陰影のつきかたがわかる、わかるぞー。



はくしゅへんじ。

> 超分かります!!自動のやつだとぼそぼそになってかっこ悪いし、角度も調整できないし。特に濃いめの鉛筆だと自動のだと中で折れて削りなおすこともしばしば…いい買い物したと思いますよ
鉛筆削るのって楽しいですよね。もう使えないサイズ(2cmくらい)の鉛筆をおしり(?)(消しゴムとかついてるところ)の部分まで削って遊んだりしてました


わかってくれた!!
角度調節、自分はデッサン目的じゃないから鉛筆を寝かせて描くことはないけど、鉛筆削りは角度が気に入らなかったわー。もっと芯が鋭角なら丸くなりにくいのに。あと電動→手回しだと角度が違って変な形になるのも。
そういや小さくなるまで鉛筆使い倒したことないなぁ。やってみたい、尻まで味わいたい。


> 初めまして。たまたま飛んだRPGツクールのサイトから参りました。卒論の関係でウェブ上の文章から用例を読みまくっているのですが、長く続いてらっしゃるサイトさんを見ると元気が出ます。これからもお元気で。

はじめましてー。卒論の時期かぁ。うちも昔は修論も書かずにクリスマスゲー作ってたなぁ。
サイトを長く続ける秘訣は、ツクツクしなくても何かをしておくことかも。
何サイトかわからなくなっても続けていないと、サーバー代払い続ける意味ないやってなってこの世から消滅するわけで。
そうやって苦しみ悩んだ数多のサイトが消えていった……ツクールに限らずどんなジャンルにもある話さ……


> 専門学校時代にカッターナイフで鉛筆削ってたけど、木目とか気にしたことなかったな……

おー、やっぱ専門学校生は手で削るのか。いいねぇ、風情があるねぇ。
案外日常的すぎると気にしないものなのかも。鉛筆のメーカーによっても木目の出やすさがあるのかもしれない。