ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2018/11/16(Fri)
昔はバリバリ制作してたから日記のネタにも困らなかったよなあ、なんぞと考えていたんですけど。

はたして、本当にそうなのか。

どちらかというと日記のネタを作るために制作していた感があるわけで。
日記のネタに困ったからこそ制作が進んだと言っても過言ではないでしょう。

じゃあ、日記を書けばいいんだ!

ずっと何かを続けてる人を見ると、どうやってモチベーションを保ってるのか不思議だったんですけど。
そもそも自分の考える「モチベーション」のイメージが間違っていたのかもしれない。

「モチベ高い」ってさー、こう、「ウヒョー、やるぜ! たーのしー!」ってイメージじゃないですか。
でも、そんなん保つのって、現実的に考えて無理じゃないですか。三日もすりゃ飽きるじゃないですか。
おかしくね?

ずっと何かをやり続ける。これは「やりたいからやる」だけでは無理なんですよ。
毎日毎日、会社なり学校なりに行き続けられるのって、行きたいからじゃないですよね。行かざるを得ないからですよね。

結局のところ「楽しい」ってのは物事の動機のうちの一つにすぎないわけで。
それがモチベーションの全てだと思っているから、いつまで経ってもモチベが湧いてこないんです。
むしろ無から湧くほうがおかしい。

我々が誰かに「どうやってモチベを保ってるの?」と質問するとき。
期待している答えは「どうしたらウヒョー!って気持ちになるのか」ですよね。

でも、この質問をして納得できる答えが返ってきたことはまずないですよね。

それもそのはず、毎日頑張ってる人は、そう、頑張ってるんですよ! 楽して続けてるわけじゃないんですよ。

聞かれる側の立場になってみましょう。
毎日仕事に行ってるからって「どうしたら仕事ウヒョー!ってなるの?」って聞かれたらどう答えます?
こっちが知りたいわ! 仕事したくねぇよ! ずっとおふとんで寝ていたいよ!

まあ、趣味なんだから、義務感だけでやると心が死ぬんですけどね。
死なない程度に自分のケツを叩くしかない。

ちなみに自分は義務になった時点で即死するクソメンタルの持ち主でございます。
騙し騙しやっていかないと。
ケツは優しく叩いて! 羽毛のようなタッチで!