ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

12月 « 2019年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2019年01月(3)
2018年12月(5)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
工作 ] 2018/12/23(Sun)
金貨の詰まった革袋っていいよね。

ギルドで依頼をこなした冒険者に渡される報酬。宝箱に入った財宝。ケチな商人からうまいこと騙しとる金。
革袋はいつだって僕らの傍にあります。

そんな、ファンタジーに欠かせない革袋。
実物、欲しくないかい?
欲しいですよね。べつに欲しくない? よし、帰れ!

我が旧友たるティモへの誕生日プレゼントにしようと思って。
歳を取ると誕プレから年々ロマンがなくなっていくでのう。ファンタジーと厨二の心を忘れてはいけない。

作ってやろうじゃないか。
理想の革袋を!

てなわけで、型紙起こしから始めますよー。

まずは試作の前の叩き台となるものを作ります。
絵でいうと、下描きの前にアタリ取るみたいなもん。採寸すらしない、ただ大まかなパーツ構成だけを決めるフェイズ。

叩き台は適当な合皮で。
本革は高いし縫うのめんどいからね! ギリギリまで使わんよ。

まずはスタンダードな巾着。



なんか違う。
小物入れという感じはするよ。でもちゃうねん。

二枚を縫い合わせただけのこのタイプは、平べったいんですよ。

201812232.jpg

もっと、こう、底がふっくらとしてないと。
冒険者ギルドのカウンターでドンッと置かれるやつ!
形のイメージとしては、ドラクエのおどるほうせきみたいな感じ。

別方向から攻めましょう。

包むような……そう、優しく包み込むような。
小籠包みたいな。
一枚の円形の皮を使い、キュッと絞る。箸でつまんで持ち上げると中のスープがタプタプするんですよ。



モッサモサなった。

うん、小籠包は上のヒラヒラないからね。
小籠包ちがうね。てるてる坊主だね。

薄くて柔らかな革で大きめに作ったら、ひょっとしたらいけるのかもしれないけど。
ラッピングでこういう包み方しますよね。

しかし、これが「袋」かといわれると……
丸く切った革と紐だけもらっても、使う気にならんよなぁ。ロマンが足りない。

冒険者ギルドで報酬を出すときにレジ袋感覚で使われる程度なら、適当な一枚革を紐で結ぶだけでも問題ないのかも。
てか革である必要もない気がしてきた。布切れでええやん。

というか。
そもそも僕らの心の中にある革袋というのは、実在するのだろうか。
ググっても、それらしい実物がほとんど出てこない。水袋(胃袋型のやつ)なんかは資料があるのに。

中世ファンタジー風を謳った革のポーチはわりとありますけど、だいたい最初のタイプの型紙なんですよね。
もしくは上部のヒラヒラがない小籠包型。こっちは主に英語サイトで日本ではあまり見かけないデザイン。



ヒラヒラがなくなるだけで、グッと綺麗な巾着に。
上にチョロッと出てる部分は、ここをつまんで開けるための耳です。

でもヒラヒラ欲しいなぁ。

非現実的なデザインと割り切って、あんまり既存のイメージにとらわれずに雰囲気で型紙を起こしたほうがいいんでしょうね。

構想だけならまだ何パターンかできるので、続きます。



はくしゅへんじ。

> 寝落ちして枕になっている未来が見える見える。タブレットってスマホほどとは言わなくてもそこそこ耐久性あるイメージなんだけど、液タブとなるとモニターに近い感じがして、あまり粗雑に扱えないイメージ…高いし
でもペンをずっとこすりつけるわけだから耐久性はあるのか…?あと重そう。(未所有者感)


そうそう、モニター感があるからベキッといきそうなイメージ。視差が出ないようにガラスも薄そうだし。
寝落ちなんてしないもん! うつぶせになってよだれ垂らしたりしないもん!


> ホリナイ以降全部エターなってると思ってました()てかこのサイトまだ続いてたんですね!!
10年ぶりに来たので、次は10年後に来ますね


よくわかっていらっしゃる。だが残念だったな! 意外とエターナってなかった!
おとといきやがれ!(また来てくれよな!)