ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

08月 « 2019年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2019年09月(4)
2019年08月(4)
2019年07月(2)
2019年06月(7)
2019年05月(7)
2019年04月(11)
2019年03月(3)
2019年02月(3)
2019年01月(4)
2018年12月(5)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
大樹の守護者の物語(リメイク) ] 2019/05/14(Tue)
レオニスが……動いた!
やっと主人公感を出してきたぞ、この野郎。
ほんと、この、動かない系主人公はよぉー。

迷走していた第一話に、ようやく光が。

創作のボーナスタイムってありますよね。
詰まっていたはずのネタがモリモリ湧いてくる。

多いのが、何かを完成させた後。
「もうしばらく何も作らなくていいや。あー疲れた」ってときに限ってなぜか湧いてくる。やる気じゃなくてネタが。こっちのやる気なんてお構いなしに。疲れたいうとるやろ!

そんなわけで、丸4日かけて描いた漫画のボーナスは、一週間の大樹無双でした。

自分の物語の作り方って、キャラクターが動くにまかせておけば勝手に話が膨らんで綺麗にまとまってくれるって感じなんですね。

一時期、このやり方を続けていたらいつか限界が来るんじゃないかと危機感を覚えて、構成力をつけようと脚本術やシナリオ論をひたすら勉強した時期がありました。
三幕構成が日本で流行し始めた頃なので10年近く前ですね。

はい。よくあるパターンの例に漏れず、さっぱり書けなくなりました。
キャラが全く動いてくれない。

展開をガチガチに決めてそれを強制すると、キャラクターのやる気がなくなる。
TRPGのマスタリングみたいですね。

念のために書いておきますけど、脚本術が役に立たないって言ってるわけじゃないですよ。
分析には特に役立ちます。
水戸黄門がハリウッドのタイムラインに綺麗に沿ってることに気付いてしまったときは、めっちゃテンション上がったもんです。

とにかく、キャラが自発的に動いてくれるかことが自分にとって最重要なんですよ。

キャラクターに好き勝手させて、収拾が付かなくなったらどうすんの、という話になりますが。

答えは単純。
タイムリープします。作者が。

時間を戻してキャラに他の選択肢を与えることで、違う世界線に向かわせるのです。
再びあの惨劇を起こさせないために。

シナリオクリアできるまでGMがタイムリープするTRPG。なにそれ無間地獄?

そう、私はこの一週間、何度も第一話だけをひたすら繰り返していたのです!
やっぱり無間地獄やんけ。

何度も繰り返すうちに、どうしてこいつは動かないのかってのもわかってきました。
何が原因かって、動かなくても周りのキャラが問題解決してくれるからだったんですよ。

ラノベでもよくありますよね。主人公ピンチ→誰が助けに来るのがパターン化してしまってるの。
だって話進まないし……しょうがないじゃん……
この病状が進行すると、どうせ解決できないので主人公にはイベントが発生しなくなり、動かしやすいキャラばっかり目立つことになります。

やっぱり主人公は追い詰めなければ成長しないんです。
追い詰めて、ちゃんと信じて見守ってやらなきゃいかんのです。

獅子は子を千尋の谷に。
「クララの馬鹿!いくじなし!」作戦とでも呼ぼうと思います。



はくしゅへんじ。

> バグ技っていうか パグ技っていうか(犬だけに)

パグじゃねぇし! パグちゃうし!
パグちゃうチャウチャウちゃうんちゃう!


> ひょうたんのスンバラシイ絵は新旧どっちですか?ParaSite Hyou☆Tan館はひょうたん制作サイトです。こまめ、良いですね。タネ欲しい。

ペン入れしとらん!
こまめの種は売ってないからねぇ……


> これはつまり29年後に再開するフラグですね

次の元号やめい! 令和のうちにやるしぃー!


> 600dpiってそんなに大きくするの? って、試したら300だとロング画大分潰れたよ。
ググった時に300ぐらいって書いてあったから、そんなものかと気にせず進めてたけど、やっぱり一度試さないとダメですね……


おお、経験者! そうそう、普段72dpiでやってると600はデカすぎやろ感が。そもそも二値で描くことがないんだけど。
やっぱり一度試さないとダメかー。地味に不安要素あるんだよね。PDFがちゃんと書き出せるかとかトーン潰れないかとか。


> 線画になるとしょぼく見えるのは絵描き共通の悩み。下書きの中に、大切な何かを失くしてしまうのです…

ペン入れは、大人になることに似ている――
たくさんあった可能性の中から、たったひとつのだけの線を残して、他はすべて消してしまわなければならないのだ。