ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2019年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2019年08月(3)
2019年07月(2)
2019年06月(7)
2019年05月(7)
2019年04月(11)
2019年03月(3)
2019年02月(3)
2019年01月(4)
2018年12月(5)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
絵の練習 ] 2019/08/13(Tue)
塗りがマンネリ化してるので、ちょっぴり今風に塗ってみた!



キラッキラやで。
なろう系の表紙絵にありそう。なろうあんまり知らんけど。

特定の塗りを意識したわけではなく、自分が面白いと感じた塗りをいろいろ入れてみただけですので、今これが流行ってる!ってわけではないです。絵柄なんて無数にありますし。
なお、目の形はいつもの手癖です。

同じ線画で、ちょっと古めな塗り方をするとこんな感じ。



うん、普通。
学生の頃こんな塗り方でした。今でも手癖でよくやる。スタンダードな塗りなので、時代遅れ感が出にくいんですよ。

「絵柄が古いのをなんとかしたい」って、誰もがかかる病気ですよね。
そういうときって目の線画ばかりを意識しがちですけど、塗りでもかなり変わるもんです。

今風もう一パターン。アニメ塗り系で。



華やかでありながらキラッキラ感は控えめなのがポイント。
少女漫画と少年漫画の違いみたいな?
こっちは、なろう系よりも商業レーベルのラノベって感じ。しらんけど。

「今っぽさ」の特徴としては――

・瞳孔がひかえめ(小さい、中が明るい)
・黒目の上部に照り返し(ハイライトとは別のつるっとした光沢)
・光がカラフル
・陰影の境界に濃い線を入れる

目立つのはこのへんですね。


◆瞳孔

昔は瞳孔が大きいほうがかわいい、なんて言われてたような。
好意を持って相手を見つめると瞳孔が開くから、みたいな謎のうんちくと共に。
ルネサンス期の貴婦人たちはベラドンナ(毒草)を目薬にして瞳孔を拡張させることで目を綺麗に見せたんやで。うん、これ今はどうでもいいね。

瞳孔の中を明るく塗るのは違和感があるって人がけっこういるので、点のほうが一般的かな?
点だと虹彩が寂しくなるので二重円にすることが多いですね。


◆照り返し

黒目上部の照り返しは、けっこう攻めてる特徴だと思います。
しかしこういうガラス光沢、どこかで……

……web2.0だ!

web2.0 ボタン


◆カラフルな光

光の粒に色がついているのとぼんやりとした発光の二種類があります。

光の粒に色がついていること自体は珍しくないですが、新しいのは瞳の色と全く異なる色や複数の色を入れているところ。これによって虹のようなメルヘンチック感が。

発光は、うん、みんな発光レイヤ好きよね。わたしもだいすきです。
やりすぎると、なんでもかんでも覆い焼きツールでガビガビにしたお絵描きBBS時代に戻る羽目になります。


◆陰影の境界

陰影の境界は、ギャルゲ塗りだとぼかす(=薄くする)のが普通でしたけど。
ここが濃くなることで、メリハリのある印象になってます。
アニメ塗りでもギャルゲ塗りでもないこの影付け、名前ないんですかね。

なんでそこ濃くするねんって一瞬思いますけど、言われてみれば、たしかに立体の陰って明暗境界線のとこが一番暗いですね。



陰影ムツカシイヨー。ワカンナイヨー。

-----

瞳孔にしろ、照り返しにしろ、明暗境界にしろ、「古い絵柄だと一番暗くなっていた部分が明るい」ってのが、なかなか興味深いです。

とはいえ、どれもべつに最近急に流行り出したってわけでもないんですよね。
上部の照り返しと瞳孔の中を明るくするのは、2013年の自分の絵にも使ってましたし……
当時は異端な塗りだったので目立たない程度ですけど。



そういう塗りをどこで得たのかはさすがに覚えてない。
まあ今回と同じく、いろんな絵を見て面白いと思った表現を取り入れたんでしょう。

それよりこれ描いたのが6年前という事実がショックなんですけど!



~おまけ~

普通の線画も塗りで時代感が変わる。
ならば、これはどうだ!



1990年代、時の流れに埋もれし偉大なる汝の絵柄!



……わりとアリだった!
アイドル育成系ソシャゲとかにいそう。



はくしゅへんじ。

> パッションフルーツさんがッ…… 儚いですなぁ

パッションもいつかは消える……そういうことなのさ。
パッションフルーツ……君と共に過ごしたこの熱い夏のひとときを、僕は、忘れない。(忘れる)


> 全然関係ないんですけど、何かの広告で「こぼれちらし」が「こぼれちち!」に見えてしまった

ほんとに全然関係ないなオイ! ポロリ有りかよ!
まあ、わかるさ。今日だって日記に「うんちく」って書くのがさ……わかるだろ?

 |  TOP |  こまめにこまめ>>