ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2022年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2022年08月(3)
2022年07月(5)
2022年06月(3)
2022年05月(9)
2022年04月(5)
2022年03月(3)
2022年02月(5)
2022年01月(6)
2021年12月(4)
2021年11月(5)
2021年10月(1)
2021年09月(2)
2021年08月(5)
2021年07月(1)
2021年06月(5)
2021年05月(7)
2021年04月(7)
2021年03月(3)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(3)
2020年11月(2)
2020年10月(6)
2020年09月(1)
2020年08月(2)
2020年07月(1)
2020年06月(2)
2020年05月(3)
2020年04月(5)
2020年03月(5)
2020年02月(5)
2020年01月(6)
2019年12月(3)
2019年11月(1)
2019年10月(5)
2019年09月(6)
2019年08月(4)
2019年07月(2)
2019年06月(7)
2019年05月(7)
2019年04月(11)
2019年03月(3)
2019年02月(3)
2019年01月(4)
2018年12月(5)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2022/06/10(Fri)
単行本ってさ、5巻ぐらいが脂が乗ってて美味しい時期だと思うんだ。

単行本を買うタイミングって難しくないですか。

面白そうだと思った作品の巻数がさ。
既刊が少なすぎると評価しにくいし、多すぎると手を出しにくい。

3巻程度で完結するやつは打ち切り感が強い率が高かった気がする。
これから盛り上がる感を出してたのに急に畳まれる流れ。

巻数が多いのは面白さは安定しているんだろうけど、10巻を超えるとちょっと手を出しにくくなるんだよね。

作者買いで1巻から行くのを除くと、だいたい3〜8巻程度が、手を出すのにちょうどいい感じですね、自分は。
そこから続きがどんどん出てくれると嬉しい。
ついでにアニメ化されて有名になって俺は前から読んでたぜドヤァになるとさらに嬉しい。

最近揃えた単行本だと、ジャンケットバンクが現行7巻。
これぐらいがちょうどいい既刊数。
これの5巻はバトルが終わった後の箸休め回的な位置付けなんですが、なんか空気が好きで何回も読み返してる。

せっかくなので軽くジャンケットバンクの紹介をしておきますと。ジャンルとしては、心理戦がっつりのギャンブル漫画。
ギャンブル漫画というと、講談社系の濃ゆい絵柄で金!女!暴力!みたいなイメージがあると思うんですが、この作品は集英社系のスッキリした絵柄で読みやすい。そして顔がいい。

心理戦メインなだけあって、表情や感情表現がね、とてもいいんですよ。どいつもこいつもイカレてる。
野郎共が楽しくゲームするお話です。ちょっと重大な身体的損傷を負ったり命に関わったりするけど。
各ゲームのルール自体はシンプルながらも、セットに無駄に趣向が凝らされていて面白い。
まあ、毎回ルールよくわからないまま読み進めてるけどね!

連載はヤングジャンプで、ジャンプ+では既刊分を毎週3話ずつ更新という太っ腹ぶり。
ジャンプ+アプリからなら初回無料で全話一気読みできまっせ。
ヤンジャンアプリは1日チャージのチケット制。

ジャンプ+で今更新されているジャックポット・ジニー(単行本4巻に収録)は個人的に一番好きな勝負なので、ぜひ最初から決着まで見届けてもらいたい。ゆっくり味わって読んでもらいたい。
これは本当にすごい。完全に手のひらで転がされた。

なお、拍手コメで先の展開の予想を送られても、既読勢は反応できないから勘弁な。
送るのは自由だけど返信はできないよ!

なんか漫画の巻数について語るはずが、ジャンケットバンクの話のほうが長くなってしまった。
気にしない!



はくしゅへんじ。

> ログインボーナス…?そんなソシャゲライクな機能が…!

お絵描きソフトなのに謎の機能。
毎日起動して絵の練習をしようって趣旨はわかる……だが、描かない!


> 全く同じ理由でスマホにクリスタを入れていながらログボのことを知らなかったので助かりました。ひょうたんに幸あれ!

フッ……そう、あの記事は君の為に書かれたんだよ。
やっぱコンパニオンモードは気になって入れるよね!(そしてまだ使ってない)


> そろそろえっちゃんのイラストが見たいっす!たしか昨冬以来見ていないかと…ああ禁断症状g

せ、せつぶんだからギリギリ春ってことで……
次の話は、いまネームの段階で「こんなん作画できるか!」ってなってる。こまる。


> やはり仕事中にする拍手コメントはいいな!

仕事はサボりを輝かせる。
死が生を輝かせるようにな……


> (非掲載)

誰だ貴様。関係ない人様のキャラはさすがにNGよ。


> 絵を描くのって大変なんですね.やったことないですけど.楽器の練習と同じようなイメージを持っています.

楽器も大変なんだねぇ。
コツだけ読んでも身体に覚えさせるのは難しく、さらに自分らしさを出すのは難しい。なるほど、同じ!
ひとつの技能で苦労を知ってると他の修練もイメージしやすいってこういうことなんだね。