ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

04月 « 2024年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2024年05月(2)
2024年04月(5)
2024年03月(2)
2024年02月(3)
2024年01月(4)
2023年12月(6)
2023年11月(1)
2023年10月(2)
2023年09月(1)
2023年08月(4)
2023年07月(1)
2023年06月(2)
2023年05月(4)
2023年04月(5)
2023年03月(4)
2023年02月(5)
2023年01月(5)
2022年12月(9)
2022年11月(4)
2022年10月(10)
2022年09月(5)
2022年08月(5)
2022年07月(5)
2022年06月(3)
2022年05月(9)
2022年04月(5)
2022年03月(3)
2022年02月(5)
2022年01月(6)
2021年12月(4)
2021年11月(5)
2021年10月(1)
2021年09月(2)
2021年08月(5)
2021年07月(1)
2021年06月(5)
2021年05月(7)
2021年04月(7)
2021年03月(3)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(3)
2020年11月(2)
2020年10月(6)
2020年09月(1)
2020年08月(2)
2020年07月(1)
2020年06月(2)
2020年05月(3)
2020年04月(5)
2020年03月(5)
2020年02月(5)
2020年01月(6)
2019年12月(3)
2019年11月(1)
2019年10月(5)
2019年09月(6)
2019年08月(4)
2019年07月(2)
2019年06月(7)
2019年05月(7)
2019年04月(11)
2019年03月(3)
2019年02月(3)
2019年01月(4)
2018年12月(5)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
ゲーム制作(未分類) ] 2007/09/16(Sun)
ふと、ツクールで最初にツクったRPGのことを思い返してみた。

誰しも、初作品というものはおありでしょう。
それは若さゆえに痛々しかったり、初心者ゆえに痛々しかったりと、
甘酸っぱい思い出に包まれていることでしょう。
そんな初作品を語ってしまおうというわけです。

まあ、もう随分と昔のブツだし資料も残ってないので
ほとんど内容忘れてますけど。
SUPER DANTE発売前だから、約12年前です。

もともとDante98でツクっていたんですが、
スーファミ版ツクールが出たのをきっかけに、そっちでツクることにしました。

タイトルは「CRAZY FORCE」。
とても中学生らしいネーミングですね。
英語の辞書買ったばかりってのがよくわかります。

さて、当時はまともに小説すら書いたことがなかった自分。
そんなわけで、ストーリーは無きに等しいです。
とりあえず「RPGっぽい要素」を繋ぎ合わせただけな感じです。

大まかな内容は、四つのオーブを集めるというもの。

とりあえず「四つのオーブを集める」というのが
自分のイメージする「RPGらしさ」だった模様です。
オーブとか、すごくRPGですよね。単語的に。

では、どんな内容だったかを語るとしましょう。



始まりは、普通の村。
普通の村です。超普通です。
特にプロローグも何もなく始まります。唐突です。

主人公の名前はフェンネル。
名前はセリフの横に出るので、特に紹介とかがなくても「あーフェンネルっていう名前なんだなー」とわかるという寸法です。

町の真ん中にある井戸を調べると、
マントを着たカエルが飛び出して来ました。
カエルいわく、呪いで姿を変えられた人間らしいです。
元の姿に戻るには、四つのオーブが必要だとか。

そこまで話すとカエルが仲間になります。
当然、四つのオーブを探しに行くわけです。
主人公の意思とか関係ありません。主人公、空気です。
なお、これ以降、主人公は喋りません。
というか、基本的にイベントでは相手キャラしか喋りません。
受動的ですね。

とりあえず、行くところがないので村から出ます。
フィールドに出ると、そこは小さな島に村だけという地理でした。
で、船着場があります。それしかありません。
はい、とても自然な流れでプレーヤーを次の大陸へ誘導できますね。

船に乗って、大陸へ出ました。
町で話を聞くと、大陸の北のほうにある塔に風のオーブがあるそうです。
町の人の情報網ってすごいですね。

とりあえず大陸を北に進むと、港町と塔があります。
なお、それ以外は何もありません。
大陸、異様に広いのに、他に何もありません。あとは全部砂漠です。

ちなみに、フィールドはこんな感じです。
具体的に言うと、SUPER DANTEのフィールド2です。
フィールドとフィヨルドって似てる

港町で話を聞くと、北の塔に悪い魔女が住み着いて
船を出せなくなっているそうです。
船が出せないならしょうがないですね。北の塔に行くしかありません。

で、北の塔。
最上階に魔女がいます。ボコります。
ボコってから気付くことですが、なんか主人公の知り合いっぽいです。
「あらフェンネルじゃない」とか言ってんの。
ボコる前に気付け。主人公も魔女も。
もちろん、知り合いがいる等の伏線とかはありません。

で、魔女が仲間になります。なぜなら知り合いだからです。
ついでに風のオーブもゲットです。

魔女を倒したので、船が出ます。
「ふねがでるよ。のるかい?」と言うだけなので行き先はわかりませんが、
のるかい?と言われたら乗るしかないでしょう。
でないと先に進みません。

優雅に進む船。と、そのとき!
急に激しく回転を始める船! 沈没だ!
画面暗転。

画面が戻ると、そこは謎の神殿。
しかもなにやら画面全体の色調が水色。すごく、水の中です。
人の姿はなく、カエル一人きりです。
「あ、いきができる。カエルだからか」とか言ってます。
カエルは肺呼吸のような気がしますが、ファンタジー世界なので大丈夫です。

とりあえず、奥に進みます。
カエル一人だと思いましたが、パーティにはちゃんと残りの二人がいます。
パーティの先頭にカエルが来ただけでした。
どうして残りの二人が水中でも息ができるのかよくわかりませんが、
先頭がカエルだから大丈夫なんでしょう。

神殿の奥にボスのシーサーペントがいたのでボコります。
ボスを倒すと、水のオーブが手に入りました。めでたしめでたし。

ボス撃破後、元通り船が進みます。
なんかさっき沈没したはずですが、ボスを倒したら全て解決するのが世の常です。

さて。今日はここまで。
なんか長くなったので、次回へ続くッ!



9/13の拍手返事。

>る←クレヨンしんちゃん
る
このアハ体験は難易度高すぎと思うんだ。

>何気なく入ったミニストップに、プリ犬が存在してました(ぬいぐるみが)
感動した。たとえ時が過ぎても変わらぬ姿で。
コメントも一字一句変わらぬ姿で。

>大樹のストーリー、仲間になるまで行かなくてもシナリオに主人公に選ばなかった方が出てくるとかしませんかね。
ヒ・ミ・ツ☆
(豆知識:わざわざ黙秘権を行使するのは大抵当たってるときってばっちゃがゆってた)

>中にスライムみたいなのが入っているハンドレストを持ってたんだけど、暑さで液化しちゃった!
ギャー! とかちつくちたー!
ゴムとかって溶けなさそうで溶けるよね。
小学校のストーブで濡れた上靴を焼くと、ごくまれに惨事が。

>メッセージはありません
ありませんはメッセージ。
目に映る全てのものはメッセージ。

>年下攻めとショタ攻めは違うと思うのです。年下攻めは下克上ですが、ショタ攻めはちょっと違う気が。
この違いと意味が解からなければ、パラ犬さんは健全です。おめでとうございます!!

なんて奥が深い……!
なるほどたしかにショタ攻めはペットがじゃれついてる的かわいさで年下攻は下克上的な……ゲフンゲフン。イヤー ボク ゼンゼン ワカンナイヤ ダッテ ケンゼンダモノ

>わたしには(続く)
秋休みがあるんだぜ!そうさ、2学期制だぜ!どうだ、まいったか!だぜ!!(続いたー)

2学期制なんてあるんだ。初めて知った。
ってそれ、休み一個少ないじゃん!
なんか損した気分になるような。

>カウンターのためにトップページから入ろうとしたのに「パラ犬」でググッても日記しか出てこない。3ページ目まで探して飽きました´・ω・`
ほんとにトップページ出てこないし!
とりあえず日記→トップページ→日記のルートで。
意味ねぇ!

>ふつクエで勇者を助け出したときのゴメスの台詞
「よかった、ああああ。目が覚めんだ。」は
「よかった、ああああ。目が覚めたんだ。」が正しいかと。
仕様だったらごめんね。

ギャー! 今になって誤字! さんきゅーです。
ブレクエといいふつクエといい、誤字報告が忘れた頃に来るのは
やっぱ仕様と思われてるからでしょうか。

>50万ヒット記念にモンテを破裂させる落ちゲーを贈りたいけれどどうしよう
うおおおおお! まーじーでー!
ぜひ! ください! トリックオアトリート!

>もうつかれたよぱとらっしゅ(返信不要)
犬ラッシュ! オラオラオラオラオラオラオラオラ!

>つい最近ホリナイクリアしました~!おもしろかったですよ~!(返信不要)
ありがとでーす。
なんかまともなゲームあれしかないけど、楽しんでくれれたならウレシイデース。

>そういえば、パラ犬さんは魔界塔士サガ好きなんですか?携帯アプリで1リメイクされてましたよ。(変神浮揚)(返信不要)
携帯かー。そういや携帯でゲームやったことないや。
魔界塔士は生まれて初めてやったRPGなんスよ。
「ゲームボーイ初のRPG」って雑誌に載ってた記憶が。。
最初何やっていいかわかんなくて、数年後にようやくクリアできたという。
かみを殺したのはもちろんチェーンソー。なぜなら彼もまた特別な存在だからです。