ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
シナリオ製作実況 ] 2008/08/21(Thu)
諸君、私は人様の製作過程を見るのが好きだ。

あと、没になった設定とかラフとか見るのが好き。超燃える。もえー。

で、製作過程のどこが燃えるのか考えてみたところ、
自分はただ「手順」を知りたいわけじゃなくて、
作ってる人がどういう思考でそれ(最終的な形)に至ったのか、
ってのを見たいんだという結論に達した今日このごろであります。

たとえるなら、
「船に乗って海を渡って鬼ヶ島に行って鬼を倒しました」って解説よりも、
鬼を倒すまでの紆余曲折あるイベントシーンを見たいわけです。

でも、製作過程をまとめるとなると、どうしても無駄な部分は削られるわけで。
てか、何から何まで全部書いてたら読みにくくてしゃーないわけで。

しかし、読み物としてわかりやすくまとめた結果、

[シナリオの作り方]
1. 起承転結を考えます。
 起:村が魔王の手下に襲われる
 承:魔王を倒すため仲間を集める
 転:衝撃の事実!自分の父親が魔王!
 結:眠っていた魔の力で魔王を倒す
2. そこから発展させてプロットを作ります。
3. プロットに沿ってキャラを動かせば完成。ね、簡単でしょ?

「簡単ちゃうわ!」

みたいな齟齬が生じるわけです。

「プロットを作ります」と言われても、その作り方がわからない。
解説する側も「決まった作り方なんてありません」としか言えない。

ぶっちゃけ、プロットなんて味気ないもの、普通に作ってても燃えなくね?
自分はプロットから作ると「こんなありがちな話のどこが面白いんだ。没。」
ってなります。

それはさておき、そういった、「講座」では説明しづらいものを
製作過程で見たいわけですよ。

自分が一番見たいのが、シナリオの製作過程なんですが。
シナリオ製作講座はあっても、過程ってのは普通は書かない。
なんせネタバレ以外の何物でもないし。
書いたとしても、あとから「自分はこういうふうに作ってます」って事を
説明する形になるわけで。
講座と同じ、まとめられた形。

で、思ったんですが、
シナリオの製作過程を実況中継してみるってのはどうだろう。

RPGの製作過程って形だと、壮大なネタバレになってしまって
どうせ完成作品に意味がなくなるので、
RPGを作るつもりで(実際は作らない)、実際に1からシナリオを書いていく。

シナリオを書くという形式で過程を後からまとめるんじゃなくて、
よしこういうシナリオでいこう、やっぱこれよりあれがいい、
ここが繋がらなくてウボァー、数日後に脳内神の天啓が降って来て解決、
設定が生まれては消えて行き、今日決めた事が明日破られる、
そういう、アレコレをを生でお届け、みたいな。

モノ作りってもんは、大量のボツの上に成り立ってるもんで。
シナリオ講座どおりに上手くいくもんじゃないのです。
時にはその作品自体がボツになる事も普通です。
これがアタシたちのリアル。

モノを作ってると、設定がコロコロ変わる事に
罪悪感めいたものを感じてしまいがちですが、
自分は、ネタってのは取捨選択してナンボのもんだと思ってます。

「捨てる=よくない事」なんて思ってたら、
やがて何も出なくなってしまいます。
「絶対使えるすごいネタ」以外はネタじゃねぇ!ってなるわけですから。
そんなすごいネタがポンポン出るかっての。

そう、日記を書くときに「くだらない事だから書かない」なんて思ってたら
やがて何も書けなくなってしまうように。

くだらない事ってのは、たとえば、
こういう、できるかどうかわからない案。
わーい、なんかメタファーだ。

ちょっと本気でこれ考えてみようかな。
シナリオ一本書くわけだから、かなり大掛かりになりそうだけど。
他の人も誰かやらないかな。他人のこういうの、超読みたい。
自分がやるならどんなのがいいだろ。オラワクワクしてきたぜ。
なお、シナリオは構想段階はワクワクするけど
完成が近付くにつれ苦痛になるのはお約束ってやつです。

もし、この記事が「製作過程書くよ! → やっぱ無理」となっても、
それが、挫折するまでのドキュメンタリーでございます。
なお、過去にもこれと同じような事をしようとして
いつの間にか闇に葬られた件については、禁則事項です。

何事も成功すると思ったら大間違いだぜ!