ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
シナリオ製作実況 ] 2008/08/25(Mon)
~前回までのあらすじ~

読みたいものがあるなら、まずは自分からやる事だな!
そう脳内神から告げられ、シナリオ製作過程を詳細にレポートすることに。

「やべぇ、このシナリオ本当に面白くなるのかよ……」

それを面白くするのがこの企画だ、と。
神(脳内)はそうおっしゃられた。

不安だ……



[キャラクター]

とりあえず、桃太郎、犬、猿、雉、ということで、
主人公(男)に、犬耳(女)、野生児(女)、羽っ子(女)で
ハーレムウハウハなパーティを配置してみた。

うん、ダメだこりゃ。

もうね、全然キャラが動いてくれない。
いつもは作った瞬間、脳内でキャラが動き出すもんなんだけど、
もう、なんというかダメすぎる。
ここまでダメなのは初めてかもしれません。

いつもは、自分はキャラから作る派で。
キャラクターがいて、それを取り巻く世界がある、って感じ。
キャラを後から作ったのは、ホリナイぐらいです。

キャラクターに対する愛があれば、あとは勝手に動いて話を作ってくれます。
愛の力が人形に命を吹き込むのです。ピグマリオン。

だというのに、このていたらくは何ですか。
ハーレム桃太郎って。
全然萌えんわ。

開始三日目にしてピークに達する
「これもうダメかもしれんね」オーラ。

ですが、あれです。
あきらめたらそこで試合終了ですよ。

だいたいハーレムパーティというのがいかんのです。
SNE(それ なんて エロゲ?)です。
ハーレムなど却下! ここは硬派なRPGらしく!

・主人公(男)
・犬耳(男)
・野生児(男)
・羽っ子(男)

もっとダメだーーーー!!

むさいわ!
エロゲっぽくなくしたらいいって問題ちゃうわ!

落ち着きましょう。

そもそも、根本的に、あれです。
「犬耳」とかそういう記号だけでキャラ設定を作った気になってるのが
間違っているのです。
そんな記号だけの存在に魂など宿るわけがありません。

ちゃんと性格を決めて、特徴付ける。それが「character」です。
もっとキャラクターを意識して、背景の感じられる設定を!

・正義感あふれる主人公(男)
・ふわふわ子犬系ショタ(男)
・ワイルド系ちょっぴりオバカな少年(男)
・天使のような外見、中身は悪魔。もちろんメガネ(男)

さらにダメだーーーー!!
「もちろんメガネ」ってなんだよ! どこの世界の常識だよ!

ちなみに、これまで出た設定は一発ネタではなく、
けっこう本気で考えてます。
ネタであってくれたほうがマシです。
迷走ってオソロシイネー。

続く迷走、そして暴走、さらば妄想。そんな様相。
果たしてこの企画はどうなるのか!?

……次回に続く!



いやまあ、「どうなるのか!?」とか書いて煽ったけど、
先に言うと、次回でちゃんと解決します。

ほんとはちゃんと主人公を作ったところまでで
一本の記事にするつもりだったんですが、
明らかに平日に書ける量を超えてる、この企画。

なお、諸般の事情により、次回は明日ではなく二日後になります。