ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年09月(3)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
シナリオ製作実況 ] 2008/08/27(Wed)
~前回までのあらすじ~

ハーレム桃太郎 と とっとこハム太郎 は 似てない。



[主人公]

さて、気を取り直して。
キャラクター作りに失敗した原因は何でしょうか。

それは、あれです。己の心から湧き上がってきた物がないからです。
こういう設定だからこういうキャラ入れとけ、って感じだからです。
ひらたくいうと、自分が萌えてないからです。
もっと己を解き放つべきです。

しかしこの世知辛い世の中、
己を解き放つというのは難しいことです。
あまりにもアレな設定は、どうしても自重してしまいます。
中二病って言われたら恥ずかしいし……みたいな。
言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン。

しかしですよ。そう言われるのを恐れるあまり
小ぢんまりとしてつまらなくなった物を作って、
それで誰が得をするというのでしょうか。
そもそも何のためにツクるのか。
本当に作りたいものを切り捨てて、お前は一体何を求めるというのだ。

作りたいものを作るべきです。
悪魔と天使のハーフだとか、眼鏡取ったら超美形だとか、
記憶喪失だとか、どこかの国の王子だとか、
ヒロインの中に破壊神が封印されているだとか、
死んだ恋人を生き返らせるために魔王の下で働いていたが
実は恋人を殺したのは魔王だと知り魔王を裏切って
主人公側に付いて最後は主人公をかばって倒れて
「いいんだ……これでやっとあいつの所へ行ける……
いや、無理だろうな……私は罪を犯しすぎた……」だとか、
そういうのをどんどん作るべきです。
己を解き放て!

ハァハァ。

まあ、自分はいつも己を解き放ちすぎのような気もしますが、
細かいことは気にしません。

ともかく、大切なのは、己が萌える事です。
逆に言えば、己が萌えるものが、作るべきものです。

というわけで、己の心の中に深く潜り込み、
長い長い問い掛けをしました。
自分の好きな物。それこそが答えだ。
自重はしない!

その結果、「それ」は現れました。

「男装の女剣士」

これだ! いける!

そうだよ、何も男主人公にこだわる必要ないんだよ。
燃えてきた。
この、たった一つの設定で、テンション上がってきた。

もうね、「男装の女剣士」という単語だけで
ごはん何杯でもいけちゃいます。
自重はしない!

この瞬間、間違いなく神が降りました。
光あれ! 神は我と共にいた!
漫画だったらキュピーン!って効果音が鳴ってます。

今気付いたけど、
なにげに「男だと思ってたら女」なキャラが
公開中のゲームにすでに二人もいるってのは秘密です。
四作しかないのに。
いや、あれはネタだから! 今回は真面目だから! ホントダヨ!

そういや昔書いた小説にもいます。
その小説はティモに挿絵入れてもらってたんですが、
ぱっと見、男にしか見えないのに、女と思って見たらちゃんと
女に見えるように描き分けられてた。あいつすごいよ。
……って、話、それすぎ。
自重はしない!

主人公が決まれば、それにふさわしい仲間も決まっていきます。
キャラクターが勝手に動き出すように、
キャラクターの運命もまた、自動的に廻り始めるのです。

答えは常に己の中にあります。
それは、心の泉を汲み出すかのように。



今日の日記は長いよ!
書くのに三日かかったよ!
……うん、ごめん、次からもっと短くする。

何日かに分けて読んだらいいんじゃないかな。



[主人公とその他のキャラの違い]

今まで自分が作ったものの中に
男装キャラは何人かいましたが、
それが主人公というのは初めてです。

さて、同じ設定でも、そのキャラクターが主人公か、
その他のポジションであるか、では
実は大きな違いがあります。

男装キャラが物語上で果たす役割は、基本的に
「男だと思ってたのに女だったのか! びっくり!」
ですよね。

しかし、これが主人公だと
「いかに女だという事を他キャラに隠し通すか」
になります。

主人公とその他のキャラの違い、それは視点の違いです。

もちろん主人公の秘密を読者に隠してびっくりさせるのも
アリでしょう。
しかし、主人公は自ら読者に対して隠し事をするべきではない、というのが
自分が主人公を決める時に意識していることです。
読者が知らない設定は、主人公も知らないほうが都合がいいです。
ミスリードは、主人公以外のキャラでいくらでもできるわけで。

主人公は、物語と読み手の間の橋渡しをするインターフェイスです。
そこにブラックボックスがあっては、正しい情報伝達は行われません。

読者と主人公は、なるべく近くにいたほうがいいです。
そこに秘密という壁があっては、遠い存在になってしまいます。

秘密の共有は、人と人との間に強い繋がりをもたらします。
それは、キャラクター同士だけでなく、読者とキャラクターの間にも
あてはまります。

読者が主人公と一体となり、主人公の視点で世界を見るのと、
世界を見ている主人公を外から眺めるのとでは、
その世界に対する感情移入度に大きな差が出ます。

言うなれば、友達が結婚するとなると「まーじーでー!」ってなるけど
友達の友達が結婚するといっても「ふーん」としか思えない。そんな感じ。

作者は自分の作品に入り込んでるからいいですけど、
読者が見ているのは「他人の作品」です。

もちろん、最初から全ての設定を読者に明かすのは不可能です。
しかし、重要な設定は、なるべく早く読者に開示したほうが得策かと思います。
あとは少しずつ読者と主人公の溝を埋めていく感じで。

長期連載の話では、主人公の秘密を読者に印象付けるため
最初は隠しておいて、第一話の最後でスパッと明かす、という手法が
よく取られます。
これが明かされるのが第十話ぐらいだと、おいおいこれ後付け設定だろ
とか思ってしまいます。

なんかいろいろ語りましたが、
第三者的な視点で眺める形の物語なら、もちろん話は別です。
そっちはどんどん読者を騙すのがいいと思います。
作風なんていろいろなんだから、絶対的に正しいものなんてありませんってばよ。

これはただの「パラ犬流シナリオ製作」の実況生中継です。
自分はこういう点を気にしてやってますよ、という事を書いてあるだけで、
決して、これが正しい作り方だ! と言ってるわけではないので
そこんとこよろしくお願いします。

頼むから、自分の作り方と違うからって全力で反論したり
「この主人公は隠し事をしてるので主人公じゃないんですね」とか
そういうツッコミはしないでくださいホントお願いします。
そんな事のために書いてるんじゃないんよ。



個人的な返事。

>(かぴねじさん)
どどどどドット絵作成過程ーーー!
ええもん見せてもらいました。ありがとうございます。
待機ポーズいいなー。参考にさせてもらいます。ダメって言ってもします。

>(神代 樹さん)
お前かーーーー!!



8/24までの拍手返事。

>サクサク→sksk→(SK)*2→SK2!
マックスファクターって必殺技っぽくね?
マァァァァァックスファクタァァァァァァァ!!

>pixia ← なきながら臨戦態勢のウサギ。
pixia  mixi?

>mixiで思い出した、ローマ字入力で「mixi」を入力すると「みぃ」になることを!あと「m」を抜いて括弧をつければ(ixi)になるぞ!
まだm(ixi)mの呪縛は続くというのか!
そんなにm(ixi)mが好きならm(ixi)mと結婚したらいいじゃない!

>もうペキンダックでいいじゃない
それならいっそペンギンダックにしようぜ。
新しいモンスター作ろうぜ。
ペンギンなのかダックなのかどっちやねん。

>パソコン壊れて腹立ったから健全マッチョを携帯の待ち受けにした。後悔はしていない
そんなあなたにおすすめ、パソコンが壊れない壁紙。
マッチョパワーで君のPCをがっちりガード!

>北lym O京pic
ぺきりーん、おきょうぴっく!
ペキリンペキリンペキリンペキリン……(←お経)

>今月のパラ犬さんは(※以下、こっちの都合で伏字)
くっ、その事に気付いたのは二人目だ!
来月になってからバラそうと思ったのに!
だから伏字にしてやる!
……ひょっとしたらみんな気付いてるのかもしれないけど。

>だからってぼくみたいに、半年で8作品エターナるのはよそうぜ!
あ、もっとですね。

多いなオイ!
それ自分が15年でエターナった作品数に匹敵しとるがな。(ツクール歴15年)
逆に考えるんだ、8作品ボツにしたんじゃなくて、
半年間に8作品ものネタ出しをしたって事なんだ。

>捨てる=良い事・・・という事は、ポイ捨て=良い事・・・ですよ・・・ね
字面しか読まないのは良くない事ですよ。

>だんなぁ~、今日こそ払ってくださいよぉ~。拍手のツケ!ケツだと?また誤魔化してぇ~。
 _, ,_ ∩))
( ゚A゚)彡   パーン!!
  ((⊂彡☆∩  _, ,_
   ⊂(⌒⌒(;゚Д゚)
      `ヽ_つ ⊂ノ

>おー、興味アリアリー!
イヤッホゥゥゥゥ! やってみたよシナリオ製作実況生中継!
このカオスさに耐えられるかな!
興味アリアリと言ったことを後悔するがいい!

>原稿用紙150~200枚分ということは、120000~160000Bites、即ちmax156.25kb!
これ以上の長さになったらヤバイってラインだから、そんなに書かないYO!
RPGのシナリオは地の文がなくてセリフだけだから
文字量は小説の1/3以下じゃないかな。
だから原稿用紙50枚分ぐらいが上限。
ちなみに今日の日記(空行抜き)で原稿用紙14枚分。

>>「誰かを助けるのに理由がいるかい?」
FF
9
ですね
わかります。




改行すんねん。
ジタンかっこいいよジタン。