ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
] 2008/09/06(Sat)
問題:この絵の作者を当てよ

誰の絵だ、ってかこいつ誰だ

という問題を出したくなるぐらい、違うタッチの絵ができました。
ほんと、誰の絵だコレって感じです。

厚塗りってやつを前からいっぺんやってみたくて
やってみたわけです、はい。
普段の絵が、塗り薄いわ主線弱いわで、なんかもう厚塗りとは
正反対な世界なわけで。

いつもは主線描いてそれに着色してるのが、
厚塗りでは、主線描かずに地色置いてゴリゴリ削って形を作るという
なんとも新境地な描き方。
主線なしとか無茶すぎる。

描き順も、今まで
「主線→明るい色→暗い色」
だったのが、
「暗い色→明るい色→主線」
と、まったく逆の順番になるわけで。
主線なしとか無茶すぎる。(二回言った)

まあ、描き方まるごと変わったら絵柄が変わるのは当然なんで
置いといて。
今までの描き方に、この塗りの美味しいとこだけ取り入れれば、
絵柄そのままで主線の弱さと色の薄さがなんとかなるかもしれない。

そう、長きに渡って我を苦しめ続けて来た
「ペン入れしたら線が死んだ」
「ラフ線じゃ透過できない」
「色が薄すぎてゲームに使ったら浮く」
という宿敵に、引導を渡す時が来るのだよ!

あと一歩! 勝てる! 勝てるぞ!
勝てなかったら、それはそれ!

運命は残酷だ されど彼女を恐れるな
女神が戦わぬ者に微笑むことなど 決してないのだから――



9/3までの拍手返事

>spiral→スパイラル→パライルス→パラ井留守
うーん、あとちょっと!

「パライヌス」。これで完璧!
なんかギリシャ人やらローマ人っぽいし。
ギリシャ・ローマ人の名前はかっこいい。アグリッパ!(←必殺技っぽい)

>エロGMの"GM"を「グルーヴマスター」と解釈してしまいました。どうしよう。
また古いソフトを!
当時、サンプラーとシーケンサーの区別がついてなかったんで
音楽ツクールとどっちにしようか迷ったもんです。
ツクール使いをツクーラーと呼ぶとしたら、
グルーヴマスター使いはどう呼ぶんだろう。「グルーヴマスターー」?

>ドット絵講座が面白くてすごくタメになりました!
ありがとでっす。ドットやろうぜ!

>ショタか…そうか…
我々に交わす言葉はいらぬ。
「ショタ」。その一言だけがあればよい。

>ウチのお店で耐水モンテが売っていますよ 。
マジで? うちのモンテすっごい水漏れするんだよー。
で、耐水モンテって何やねん。

>関係ないですが、遊戯王では、「生贄をささげる」から「リリースする」のように一部の用語が変わりました。
お子様の教育に悪いってやつか。
生贄はロマンだというのに。
子供の頃は「贄」という字をがんばって覚えたものです。
今では書けません。

>マーッチョマーッチョマッチョ健全だ 北京五輪にやーってきたー
北京五輪が終わった今、マスコットたちはどこへ行くのだろう。
万博の緑のやつらはどこへ行ったのだろう。

>ショタ系ということは無論ペッタンコなのですね
Exactlly(その通りでございます)
つるぺたな上にちびっこです。男装の麗人とは程遠い。かわいそうに。

>誰にも気づかれずにキスーするなんて。
グースーを飛ばしたまま日記を書くなんて、頭がフットーしそうだよおっっ。

>警官エステル・ポリエステル
やべぇポリだ!
警官だと思ったら警備員だったときの、あの騙された感は何なんだろう。

>弱いから強くなるための男装ということですか。形から入る人ね。
よし、じゃあその方向で。だんだんキャラ固まってきた。
つるぺたでちびっこで形から入る単純な子です。かわいそうに。

>植物図鑑、花の図鑑なんかで命名してる人もいるって誰かが言ってた気がします。
あー、やったやった。
初めてツクールで完成させた作品は、名前ぜんぶハーブでした。
あの頃はガーデニングにハマってたもんで。
今は(飽きて)庭で野生化したハーブがもっさりしてます。
増えすぎ。あれはもう生物兵器の領域。

>最近命名するときは欧羅巴人名録さん(http://www.worldsys.org/europe/)使って統一感出すようにしてますね。語学をかじってるせいかも。
巴羅犬に見えた自分はもうダメだ。
統一すると、ちょっと違うのを出しただけで浮くんで、
今はもっぱら、ごちゃ混ぜ無国籍です。木の葉を隠すなら森の中。
語学かじってたら、人名や地名が全部フランス語に統一してあるのに
武器にツヴァイハンダーとか出てきたらやっぱ違和感感じるんかな。
自分は気にしないけど。