ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年09月(3)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2008/09/08(Mon)
仕事終わって帰ってきたけど、また会社行かなきゃならないから
その間に日記。

昨日はMoiraの暗号解いて、会社の書類書いて、メッセでだべってたら
日記書く時間なかったという。
ちなみに暗号はちゃんと解けました。

いやー、遊べた遊べた。たっぷり遊べた。
音楽CDひとつでこんだけ遊べるなんて、やっぱサンホラは面白いわ。

とりあえず、Moiraは濃すぎた。
これは、サンホラ初心者にはおすすめできないわ。
今回は特に、音楽CDというよりミュージカル要素が強いし。
(なんとなく貼っとく→Moira試聴ページ
サンホラはいろいろ考察して遊べる事を知らずに手にすると
Moiraはなんだかよくわからないかもしれない。

そんなわけで、自分なりのMoira考察。
暗号解読じゃないよ。ストーリー考察。
ネタバレの上に、知らない人にとっては何の意味もないので
「続きを読む」で隠しておきます。

……と。
途中まで考察書いたところで家出る時間来た。
中断。



ただいま。
というわけで、ミラります。

※あくまで個人的な考察であって、
 これが正しい物語だ! というわけではありません。
 考察は人それぞれ。
 おぬしはおぬしの地平線を目指して!

↓ここからネタバレ



はじめに、最初に聴いたときの感想を書いておくと
「え? 何このラスト?」って感じでした。

正直、レオンティウス王子は、出てきた瞬間に噛ませ犬感が漂ってたので
全く感情移入できなかったわけで。
エレフとの接点もないし、ラストでそんな二人が戦ったところで
運命の戦いって感じは全くしない。
ただの奴隷解放戦。

王妃の反応も大げさだし。
あれは普通、捨てられた忌み子がそうと知らずに兄弟と戦ってる、って
シーンで使われる反応でしょう。
でも捨てられた忌み子はエレフじゃなくてオリオンだったし。
エレフはちゃんと両親いるし。

そういえば、オリオン、重要キャラだと思ってたのに、出番なくて泣けた。
気に入ってたのに。
必殺!弓がしなり弾けた焔 夜空を凍らせて撃ち!
あと、捨てられた王子って判明するの、唐突すぎだろ。

と、いろいろ不満を抱えつつ、何回か聴いてるうちに
だんだん隠された流れが見えてきました。
不自然な点は伏線だったんだと。

さてさて、事の始まりは[雷神域の英雄]。

子供が生まれた時、王妃はレオンティウスに
「雷神の血を分けたあなたの“きょうだい”ですよ」って言ってるんですよ。
「弟ですよ」じゃなくて。

で、神託の忌み子の件で「ここは私めにおまかせください」と言った男の声。
これが、よく聞くと双子の父親と同じ声。

「殺されるはずだった王子(オリオン)を、家臣が殺さず捨てた」ではなく
「殺されるはずだった双子(エレフ・ミーシャ)を家臣が自分の子として育てた」
と考えると、いろいろと辻褄が合うんですよ。

じゃあオリオンは何だというと。

そもそも唐突すぎる、オリオンが王子だと判明するシーン。
仮にオリオンが王子だとして、なぜ、その事がわかったか。
当然、本人が知ってるはずもなく、
事情を知る誰かが言わなければ、わからないわけです。
けれど、事情を知る人は、それを言ったら彼が殺される事を知っている。
言うはずがない。

だとしたら、それこそが奸計なのではないかと。
弓の名手として名を馳せたオリオンをそそのかし
自分を神託の忌み子だと思い込ませ、「神託どおり」王を殺させる。
そんなことをするのは。
そうだね、僕らのスコルピオス殿下(CV:若本規夫)だね。

『傀儡と化した王 かつての勇者を射た星屑の矢
其の射手を刺したのは蠍の毒針 其の蠍を屠ったのは雷の獅子』

王をオリオン(射手)に殺させ、
そのオリオンをスコルピオス(蠍)が処刑する。
そして王位を狙うスコルピオスをレオンティウス王子(獅子)が倒す。

『死せる英雄達の戦いは未だ終わりを告げず――』

で、レオンティウスをエレフ(双子)が殺すわけです。

王妃がレオンティウスに「紫水晶の瞳……あの者と戦ってはなりません」と
言い聞かせているのは、エレフが自分の子で、
イリオンを滅ぼす忌み子だとわかっているからでしょう。

神託『青き銅よりも強かな 鉄を鎧う獣が
風の楯をも喰い破り 流る星を背に 運命に牙を剥く』のとおり、
鉄の鎧をまとったエレフ(アメティストス将軍)。
ミーシャを生贄に築かれたイリオンの無敵の楯も、
双子の片割れであるエレフには力を発揮しない。

そして、エレフは何も知らないまま、自分の兄と母を殺しました、と。
すべては神託のままに。

黒の歴史は改竄を決して許さないのです。
結局彼は運命の手から逃れられませんでした。
されど哀れむ必要は無いのです。
わたしも貴方も誰一人逃れられないのですから。
めでたしめでたし。



[追記]

初回版買ったから気にしてなかったけど、
通常版のジャケ絵にいる、竪琴を持った金髪。
[奴隷達の英雄]で「お待ちください!」って言ったのは
髪型から見てこいつのはず。

ギリシャ神話で竪琴といったらオルフェウスだよなー。
でも、なんでこんなところに、わざわざオルフェウスを?

と、思ったら、[神話の終焉]で。
『或る男の手により冥府の扉が開かれる』

これ、ラフレンツェじゃん!