ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
シナリオ製作実況 ] 2008/09/10(Wed)
RPGで必須なのが、戦う相手。
要するに敵勢力です。

さて、物語における敵の役割は何か。
それは、倒されることです。

しかしそれが忘れられがちな昨今。
役割を忘れ、敵にも事情があるとかなんとか考え出した結果、
主人公のほうが悪いんじゃないかいう、本末転倒なことになる事も
少なくありません。

事情やら動機やらは、もちろんあったほうがいいですが、
それで後味が悪くなってしまっては、物語的によろしくありません。
後味を悪くするのが目的のシナリオならアリですが。

どうせ倒すなら、なんか後味が悪くなるよりも
倒してすっきりしたいじゃないですか。

悪役は悪い事してナンボ! 奴らは悪だ畜生だ!
遭遇したらもう倒すしかない。それこそが理想の敵。
そう、ゴキブリのように!

生物部でゴキブリが出現したときには、みんなで追い回したもんです。
ゴキブリには洗剤が効くのか実験するために、生け捕りにして
シャーレに洗剤満たしてつっこんだら溺死した。洗剤関係ない。

ゴキブリは殺したことのない人が多いでしょうから、
ここは蚊にしておきましょう。

夜な夜な人の生き血をすすり、我らに眠れぬ夜と掻痒を与える
あの憎き悪魔。
蚊を殺すのに、この蚊にも事情があるんだ、などと考えるでしょうか。
虫も殺さぬ顔、と、わざわざ慣用句にされているあたり、
虫は殺すのが前提なんでしょう。

そんな感じで、むしろこっちから積極的に抹殺したくなるぐらいの
絶対的な敵。そういうのが欲しい。

でも、まあ、敵が虫ケラだと、RPGじゃなくて
ヒッチコック的ホラー映画になってしまうので、
話ぐらいは通じる相手にしときましょう。
なに、言葉が通じても心が通じるとは限りません。

さて、憎き敵を作る基本的手法。
それは、醜いと思うものをデフォルメして
徹底的に醜く描写すればいいのです。

この世で人が最も醜いと思うものは、人の心。やっぱりこれ。
となると、敵は人間ですね。
これはもう、誰からも好かれないような、ものすごいうんこ野郎にしましょう。
えーっと……

 自分は何も行動しないくせに妬んだり文句だけ言ったり足を引っ張ったり
 何でもツマンネと馬鹿にすれば自分がそれより優れていると
 錯覚できるから何も誇るものがなくてもプライド保てる超お手軽
 自分に自信がないからすぐ自分は何の価値もない人間だと思って
 でも底辺だと自覚するとひ弱な精神が持たないから
 錯覚でも何かを自分より下に置こうと必死
 さらに卑屈なのを謙虚だと勘違いするコンボが加わると最高

しょぼいよ!
ボスにならないよこれ!

これ以上ないぐらいの小物感です。
指輪物語のゴクリみたいな。
いや、ある意味ラスボスか、あいつ。

ともかく、ボスにはならんですよ。
漫画でいえば、一般人をいたぶる事しかできないチンピラ(もちろんモヒカン)ですよ。

いや、だって、悪逆非道な奴だと、ある意味カリスマあるじゃないですか。
だから100%嫌われる奴にしようとしたわけで。
そしたら本当にどうしようもない奴になったわけで。

しかし、どうしようもないものでも、
なんとかしようと思えばなんとかなるはず。

べつに脅威でもなんでもないものを脅威にする方法。
それは「数の暴力」です。

うんこ野郎一匹だと、どうしようもなくショボくても、
うんこ野郎の集団、とすれば、なかなか恐ろしいものがあります。

そういえば、この物語は桃太郎でした。
桃太郎の敵は「鬼ヶ島の鬼」という集団です。

ここで、第一回で作ったシナリオメモを思い出しましょう。
ぶっちゃけ忘れてた。

 > 魔物に村を襲われて、その仇を取るために主人公は旅立つ。
 > 三人の仲間を加え、悪の首領を倒す。
 > 主人公は川から流れてきたのを育ての親に拾われた。
 > この事は主人公には明かされていない。ストーリーの中で判明する。
 > 川の上流は魔物が住む世界。主人公は魔族の子供。

魔物という設定はやめて、人間に変更。
んでもって、ちょいとアレンジすると。

「上流」と「下流」に分けられた世界。
上流は常に下流を根拠もなく見下していて、
ゲーム感覚で村を焼き払ったりする。
そんな理不尽な行為で村を滅ぼされた主人公エステルは
仇を取るために剣を取り上流へと旅立つ。
上流の人間すべてを憎む主人公。
しかし、旅の途中で自分はその憎き上流の人間だったと知る。
あと、書き忘れてたけど、なんか三人の仲間が加わるっぽい。

これでよし。
今日はここまで。

変わるのには十分すぎる時間 [修正]
~中学生時代~
ゴキブリを殺すことに躊躇して、
プラスチックの容器に閉じ込めてそのまま寝たら
数十分後、なんと泣き声で訴えてきたので外に逃がしてあげました

~今年~
くらえ新聞紙 やっぱこれが一番だなー
とり
よごれちまったかなしみに [修正]
ゴキって鳴くんだ!

やっぱゴキには新聞紙。
そのまま捨てられるとこがよさげ。

……実のところ、うちにゴキ出たことないんで、撲殺は未経験だったり。
パラ犬