ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
シナリオ製作実況 ] 2008/09/27(Sat)
今日のネタ、君に決めた!

>そういえば、エステルが男装してるのは何故なんですか?

これ、いつか決めなきゃならないところだったんだけど、
ずっと先延ばしにしてたんだよなー。

実はこれ、かなり早くからお題として上がっていた事で。
で、当時のメモがあるんですが。

ときめきメモるアル.png

あきらめるの、早ッ!

ちなみに最後の一行は、(わざとらしい)独り言ではなく、
日記で「うーん、なんか物語的に弱い。」というコメントをして
次の流れに持っていく、というメモです。
ネタストックしておいて後から書くと、その時の感情が再現できないんで
新鮮なうちにメモするようにしていたのであります。

余談だけど、三つ下にある「青のない世界」ってのは、没設定。
「青」という色が存在していない世界で、主人公の瞳だけが青いという。
なお、没ネタですゆえ、エステルの目は赤色になりました。

話を戻しましょう。

ともかく、女の一人旅は危険だとかいう生っちょろい設定は
物語的に弱いので置いといて。

基本は「復讐のために剣を取る」ってのを男装に繋げる形になるんですが。
ここで新たな問題が一つ。

エステルに、そもそも「復讐のために剣を取る」ってところから
合わない。

マズイなー。いい子に育ちすぎた。いや、でも、そこがいいんだ。譲れない。
……復讐劇なのに、なんで復讐が似合わない主人公になってるんだか。

いや、まあ、本気出して設定を付ければ、
悪意を知らずに育った少女から尊厳すらも奪い去って
復讐という一本の細い糸でしか己の精神を支えられなくして
なおかつ男装に走る事に納得のいく理由ぐらいは作れますけど、
さすがに年齢制限がつくネタはやめておきます。これは最低すぎる。

って、復讐に走らせるのが目的じゃなくて。
ちゃんと、そのキャラの信念に合った行動理由をつけてあげましょう。

エステルらしい、剣を手にして戦う理由は……

志半ばで倒れた、誰かの願いを叶えるため、とか。

男装をしているのは、その誰かの姿を模している、と。
自分を捨てて、志を受け継ぐために。

エステルには兄がいた。
兄は反乱軍のリーダーだったが、
反逆者として処刑され、見せしめのために村ごと焼かれてしまう。
ただ一人生き延びたエステルは、兄が望んだ平和な世界を勝ち取るため、
髪を切り、剣を取った。
守られているだけの「エスティリア」は、もういない。

よし、村を滅ぼされた理由ができた。
や、設定がいろいろ決まっていくうちに
うんこ野郎があんまりうんこじゃなくなって
ゲーム感覚で村ひとつ滅ぼす、ってのが合わないと思ってたんよ。

それはそうと、この設定だったら、
兄の名前を名乗るってほうがよかったかも。
さすがに妹が「エスティリア」で兄が「エステリオ」なんて
紛らわしい名前の付け方はしないよなー。

まあ、名前は保留。いざとなったらエスティリアのほうを変えると思う。



9/22の拍手返事。

>これはアレですよ、『バッチリクエスト』を作れという啓示ですよ。
あうあう、バッチリクエスト関係はまとめて返信したつもりが
日記書いてる間に入れ違いで来てた。
おまえもバッチリにしてくれるわー!

>そしてベンチウォーマーorデコイへ……。
固定パーティだから、弱くて使えなくても二軍落ちの心配なし! やったね!
ずっと地面とお友達になってるかもしれないけど。

>十二回だから十二分です。とぐろ120%!
ほんとはあれ、11回目に書くつもりだったんだ……
「それまでの10回分」って意味で。
まあ、約10回ぶん、ってことで。アバウティー!

>バッチリ北京クエスト。ほら、完璧。
まだ北京ネタを引っ張るというのか。
お前の鎖骨をペキンするぞ!

>edgeに変なフィルタ?って言うんですかね?1ドットおきにしか塗れない状態になったんですがなったことはありますか?それか直し方とかってわかりますか?
それはトーン描画50%になっているからです。
100%にすれば直りますよ。

(※9/26の拍手コメ)>EDGEの1ドットおきにしか塗れないっていう現象なったことがありますか?返信がほしいです。ずうずうしくてすいません;;
そもそも私に聞くのがおかしい上に、返信を催促されると、
なんだかなー、と思うのですよ。
質問掲示板ならEDGEの公式サイトにありますよ。
困っているならそちらを利用するほうがいいと思います。
それぐらいなら教えられるから話のネタに質問するのはいいんですけど、
催促されるのが嫌です。

このコメとは関係ないけど、
「ドット絵講座まだですか(もしくは更新してください)」は
ウチのサイトの最大禁忌だったり。
やる気がなくなって逆効果になる魔法の呪文。

というわけで。
>お話を作るの上手ですね! ところでドット絵講座の続きはまだですか!?
はい、アウトー!

>エスティリアのつよさ ・・・なんかモンテでも負ける理由がわかる気がする
愛と勇気と希望だけじゃどうにもならないものもあるのさ。
世の中そんなに甘くないってこった!

>ロータリー                                    これが一瞬ロリータに見えたら末期
残念だったな、それは初期だ!
それはそうと、「おこと教室」は、本当に「おとこ教室」に見える。