ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2008/10/01(Wed)
ブログ通信簿をやってみた。

ブログ年齢52歳.png

おっさんすぎて泣いた。



ってゆーかパラゎおぢさんじゃないし
お子様だねって言われるほうなんですヶド
マジでナウなヤングだし
てか絵文字の使い方が
本気でわからん
どないせえっちゅーねん



あたし彼女」ってケータイ小説が、一部で話題を呼んでいます。

もちろん、よろしくないほうの話題。
かいつまんで言えば「これ小説じゃないだろ」ってことなんですが。

なんか、その流れがWEB小説過渡期とそっくりで
興味深かった。
インターネットが普及し始めた頃の。

今ではみんな意識せずにやってると思うけど、
WEB小説では、画面上で読みやすくするために
小説作法をあえて無視したりするわけで。

たとえば、これみたいに、読みやすいところで一行空けるとか。
あと、文の途中で強制改行を入れたり。
行の頭では一文字空けるとか、そういう、作文の時間に習った基本さえ
無視してますよね。

小説の基本作法が守られてないってんで、
当時はWEB小説は小説じゃない、みたいな扱いだったわけで。

もっとも、「小説の体裁を成している」のが小説なんだから
その体裁を成していないものが小説じゃないのは当然です。
その前提なら当然、って意味でね。言葉遊び的な。
前提が変われば結果も変わります。

WEB小説は、WEB画面で読みやすいように最適化された
表現形態なわけで。
WEB画面で普通の小説を読むと、
読みにくくてしゃーないことになります。

読みにくいからあえて小説作法を外したものですから、
小説作法を守っているかと問うのはナンセンスです。
「小説」と「WEB小説」を同じ物として語ること自体が間違ってるわけで。
それと同じで、「ケータイ小説」も別物です。

別物なんですから、ケータイ小説は「小説」か?と問われたら、
そりゃ小説とは違うよってことになります。

「ゲームのシナリオ? セリフの羅列なんか小説じゃないだろ」
「いや、小説じゃなくてシナリオなんですけど……」
みたいなもんです。

ケータイ小説は携帯で読むのに最適化されてるわけで。
おまけに対象となる読者層も特殊です。

ジュブナイルって歳でもないのにラノベ読んで「つまんねー」ってなって
ラノベは小説じゃない!と批判するのと同じです。
「R-18 グロテスクな表現があります」って注意書きがあるのに
気分悪くなった!どうしてくれる!といちゃもんつけるのと同じです。

ちなみに自分は携帯小説の対象読者層じゃないので
面白さはさっぱりわかりません。
これはしゃーない。

それはそうと、ケータイで読むべきものをWEB上で読んで
読みにくいってのは、当然というか。

スクロールが

めんどい

でも

なんか

余韻っぽいのが

出る

あれ?

これ

書いてみたら

けっこう

楽しい

でも

やっぱ

うざい

これって

似てるよね

ツクールで

\| (1秒ウェイト)

とか

「……」

ばっか

使ってる

やつに

以上、本日の
「ツクールと関係ない話題をむりやりツクールにあてはめる」の
コーナーでした。