ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2008/10/04(Sat)
さて、このシリーズも、もうすぐ20回を迎えるわけで。

そろそろストーリーのほうに入って行きたいもんなんですが、
最終的にどの形まで持っていくのか、
ちょっくら考える必要がありそうです。

というのも、セリフの羅列って、読みづらいんですよ。
小説ではなくシナリオである以上、地の文はないわけで。
できれば、日記にずらずらとセリフを羅列することはしたくないわけで。

それだったら、日記上では、シーンの詳細は文字ベースで書いて、
もう最終形態はRPG化しちゃおうかな、と。
ゲームのシナリオなんだから、ゲーム画面で見るほうがいいと思うんだ。

最初に「RPGを作るつもりで(実際は作らない)」とか書いたくせにNE。

日記はいつかログの彼方に消えるけど、
作品なら残り続けるし。
せっかくだから、やっぱひとつの作品として残したいなー。
はい、欲が出てきたよー。

セリフ起こしまで持っていかずに
シーンを文字ベースで書くところまでで終わり、って形には
絶対にしたくない。
キャラは喋らせてナンボ。

日記でセリフ羅列して、さらに作品にもする、ってのだと
いっぺん読んだものをもう一回読まなきゃならなくて
面白くないなー、と思う。

ああ、そうだ。
日記はあくまで製作過程で、最終形態は別にしとけば、
作品は未発表のものとして、コンパク(復活したら)に
出したりできるじゃないですか。
セリフまで書いちゃったら、規約違反(未発表ってとこ)に
なるかもしれないじゃないですか。
いやまあ、RPGはシナリオだけでできてるわけじゃないから
セーフなのかもしれないけど。

や、出すって言ってるわけじゃないですよ。
できるよね、って話。
なんせ、そもそも完成するかってところから怪しいし。
完成しても面白くなるかどうかもわからないし。

まあ、そんなこと考える前に、まずは
セリフ起こせるレベルまで持ってけよ、ってことですね。