ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
シナリオ製作実況生中継 ] 2008/10/05(Sun)
さて、そろそろストーリー作りに入ります。

これまで、いろいろな設定が出てきました。
あとはその設定をストーリーラインに並べるだけです。

というわけで、まずはプロットをなんとかしていきましょう。

一度に書き出すとわけがわからなくなるので、
段階的に埋めていくことにしましょうか。

まず、必要最低限のシーンを洗い出してみると、こうなります。

・オープニング
・ウル登場
・ウルが仲間に
・猿(仮)登場
・猿(仮)が仲間に
・雉(仮)登場
・雉(仮)が仲間に
・ラスボスを倒す
・エンディング

RPGのシナリオとして、必要最低限なシーン。
これ以下はないという基本骨格ですね。

並べてみるとわかりますが、
「キャラと出会う・仲間になる」が
かなりのタスクを占めています。

誰かと出会い、そして行動を共にするに至るというのは、
大きなドラマです。
そこにはそれだけのイベントが必要です。
物語の長さは、登場キャラクターの人数に
かなりの影響を受けます。

これを意識せずに、そんなに長くない話でキャラばっかりどんどん作ると
そのうちネタが尽きてきて、
出会って速攻「目的は同じのようだな。俺もついていくぜ!」と
なったりしてしまいます。
速攻お持ち帰りって、どこの出会い系だよ。

そんなわけで、仲間が三人ってのは、けっこう必要なイベントが多いです。
短編で仲間が三人って多いなーと思ってたんですが、
もう短編じゃなくて中篇にする気満々なので、結果オーライです。
うん、あの設定は短編向きじゃない。

さて、基本骨格はこんな感じで。
あとは、ストーリーに必要なイベントを加えましょう。

もう、あれだけ設定作りましたからね。
中篇とか余裕ですよ。HAHAHA!

・オープニング
 ├村が襲われる ←※追加
 └男装する ←※追加
・ウル登場
・ウルが仲間に
・猿(仮)登場
・猿(仮)が仲間に
・雉(仮)登場
・雉(仮)が仲間に
・なんかウルが暴走したりする ←※追加
・女だとバレる ←※追加
・塔の真実を知る ←※追加
・塔のコアを破壊する ←※表現変更
・エンディング

すくなっ!

あれだけ設定作ったのに、ほとんど何もできていません。
あれだけ設定作ったのに。
作ったのに。

そう、これはアレです。
「設定作っただけでシナリオ完成させた気になる病」!

フハハ、久しく忘れておったわ、この感覚!
見るがいい、人の子らよ。
これが……現実……ッ!

そう、「設定が出揃った」というのは、あくまで
シナリオの「準備ができた」だけにすぎないのだということを!
まだ始まってもいなかったのだよ!

連載20回目にして、ようやくスタート地点ってどうなんよ。

過程を記事にしていてるので、なんかいろいろ作ったように見えますが、
実際は、今の段階がようやく
日記で「こんなゲーム作ろうと思ってるんだけど」って書けるレベル。
ゴーサインが出た状態。

脳内だけで妄想を膨らませていると
自分の立ち位置が正確に把握できなくなるもんです。

これによって、脳内でストーリーはほぼ完璧にできてるけど
そこからプロットを起こせない、という不可解な現象が起こったりします。
それは単にストーリーができていないだけです。錯覚です。
悪化すると「書けないんじゃなくて、書いても意味ないから
書かないだけ」という言い訳が発動するので、注意しましょう。

まあ、実際、書かなくてもいいんだけどね、プロットは。
必要ないなら必要ないって。
でも現状把握は大事。

見なければよかった、現実との直面。
夢を見続けていられるのなら、私はずっと眠っているほうを選ぶ。

まあ、今までなんとかなってきたんだから、
これもなんとかなるでしょう。
あきらめたらそこで試合終了ですよ。
なんとかならなかったら、まあ、それはそれ!

そんなわけで、自分のダメ錯覚っぷりをよーく思い知ったところで、
ようやくスタート地点です。シナリオ製作実況生中継。
俺たちの戦いはこれからだ!



10/1までの拍手返事。

>おとこわりいたしますわ
そんな品のないコメントは、おとこわりだ!

>何故だろう。どんなに強そうな犬役も、総てがすべてヘタレに見える……。
ヘタレてなかったら、一瞬でエステル食われて終わりだYO。
ヘタレだからこそ物語が生まれる。
世界はヘタレで廻っているのです。

>by the way モンテとは一体何者? 日々悶々してろくに眠れまそん。モンテsQは人型だからゼリーに見えないし…。悩み続け朝と夜は繰り返す。其処にモンテはいるのかしら…。
もしや…罠なのか…。悩ませ続けるという罠なのかッ。モンテ…やはり只者ではないな。

なんでbyだけ全角かのほうが気になります。
君の悩みを因数分解してくれようか。

>そういえばバッチリクエストのバッチリという文字で思い出したんですが、マ●オRPGというものでばっちりパンツ(ズボンのこと)がばっちいパンツに見えたんですよ。まあばっちいパンツって防具あったけどネ。
なぜか「マサオRPG」だと思ってググってしまった。
しかも出てきた。なんでだ。
「ばっちい」と「ばっちり」似すぎ。
ぜんぜんバッチリちゃうわ。

>やっぱり変身して戻ったら素っ裸なんでしょうか。それとも服は変身する時に脱いで丁寧に畳んで戦う・・・和む
健全サイトなので、なんか不思議な力で服が消えて
あとで自動的に現れるってことにしてください。
魔女っ子みたいなもんです。
魔男っ大人野郎です。

>エステルちゃんは男装してる時違う名前を名乗ったりするのかな?
男性名が「エステリオ」であります。
しかし、ステータス画面でもメッセージ画面でも
「エステル」と表示されるんで、ほとんど意味ないという。

>電流みたいに負の魔力が流れてるとすればあるいは……。
電流はプラスからマイナスに流れるのに
電子はマイナスからプラスから流れる、って
わかりにくいわ。

>塔破壊→エステルぴちぴち→「お前、おんなだったのか」
という流れを期待しておったのにぃ!!

この絵を描いた精神状態のほうがおかしい.jpg

>犬、猿、雉の性別は男である必要はない…
愚かな。最初から百合展開を入れるつもりは満々だ!
男装女主人公で百合をやらずにいつやるというのだ!

>支え役のウルが理性ぶっとんだ時エステルとどういう対峙になるか今からドキドキです(裏的なイミジャナイヨ)
スイマセンもうさりげなくプロットに入っててスイマセン。
そこ考えるときだけノリノリでスイマセン。
でも裏的な意味にはナラナイヨ。
ParaSite2D6 RPG館は、健全サイトです。

>なるほど、満月の夜にurエステルを襲う(性的な意味で)イベントがあるのですね?
タイプミスで「ウル」ではなく「ur」に……orz あ、ウルがエステルを襲う(性的な意味で)という同人誌ができますよ!!

スイマセン裏ではメッセで「同人誌ではエロにされるイベント」って呼んでてスイマセン。
あとParaSite2D6 RPG館は健全サイトでスイマセン。
ていうか、あんたら、そういうネタ好きだな!

>満月の夜にウルと出会うと瞬く間にゲームオーバー画面に突入にするんですね。エステル頑張れ。
エロ系に走らなかったことに感動を覚えてしまった。
いや、こっちがノーマルな発想なんだって。
エロにはしるひとたちがおかしいんですー。
君のような健全な人がいる限り、この世界はまだまだ大丈夫だ……

>犬さんがそこに触れるとは思わなかった(笑)
だって
あたし
ナウな
ヤング
だし

>WEB小説は基本横書きだから改行とかもしやすいんじゃないかと。本は縦書きだし。
横書きより縦書きのほうが、一行の可読文字数少ないヨ。
紙媒体では、一行が長くなるときは段組みにするわけで。
WEB小説ではスクロールの都合上、段組みが読みにくい。
改行しやすいからしてるんじゃなくて、
せざるを得ないんじゃないかなー。

>パラちゃんかわいい
いつもかわいいよ

>そして「カルマ」がゲーソンからアニソンに変わる。
アニメ版TOAってどうなるんだろ。
あの長いストーリーが1クールに収まりきるのか。

>ブログ通信簿やってみました。年齢が1歳違いで性別は不明。不明って・・・
ブログ性別って、人称で決まるような気がする。
ブログ性別が女性だった人が「僕」って書いたら
次の日男性になってたし。

>白髪で狼なウルといえば この人ですね。http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/
URLだけでウルファールの事だとわかった自分は勝ち組。
あの三人、ターが出てくるまで名前の法則に気付かなかった。

>是非小説家を目指してください
今日見たら「アニメーターを目指しましょう」になってた。
ぼくたちのみらいは、そんなにかんたんにきめられていいものじゃない!

>ブログ年齢16歳に若返ってますよ。まだ男だけど。
200810052.png
若作りした甲斐があったぜ!