ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
シナリオ製作実況 ] 2008/10/25(Sat)
~前回のあらすじ~

普通って言うな。



問題点その2。

そもそも、あれです。
なんで普通の村娘Aが、バリバリに戦闘してるのか。

村人らしい村人ってのはあれです。
ちょっと裏山でゴブリンを見かけたからって
冒険者(Lv.1)に依頼して退治してもらう。
それでこそ村人。

村の男衆でもそうなんだから、
か弱い村娘が武器一丁で戦闘なんてしちゃあ、まったく村人感が出ません。

「平凡な暮らしをしていた主人公が事件に巻き込まれる」タイプのシナリオが
陥りやすい罠です。
まともに戦闘できる時点で平凡じゃないって。

ただの村人とLv.1冒険者との違いは、戦えるかどうかだと思います。
身体能力もそうですが、やっぱり一番大きいのは戦意でしょう。
普通の人は、どんなに強い武器を持ったところで、まず怖くて動けません。

ちなみに、そういう問題点が出たときに自分はどうするかというと、
「この世界では普通の人でも戦えるんだよ!」と言い切ります。

で、まあ、それはいいんですが、
演出上の問題として。

エステルのコンセプトを思い出しましょう。
そう、最弱主人公。

最弱主人公が普通にバリバリ戦っちゃいけません。
弱い子が、本当は戦いたくないのに
なんやかんやで戦うのがいいんじゃないか!

今まで戦いとは無縁だった「エスティリア」が、
髪を切り、名前を捨て、剣を手にして、それでようやく戦えるってもんです。
それまでに戦闘があっては台無しです。



問題点その3。

村を滅ぼされて、命からがら逃げ延びて、
そんな状態で、すぐに戦おうなんて思えるでしょうか。最弱娘が。

逃げ切って、心の整理をして、なおかつ
男物の服を調達して、武器を揃えて、その扱いも覚えなければならない。
これは、かなりの期間が必要な気がします。

しかし、時間ジャンプをするには、なんとも中途半端で。
子供が大人になるぐらいの期間をジャンプするなら
(グラフィック的にも)わかりやすいんですが、
数ヶ月ってのは、時間が飛んだことを表現するのが難しいです。
「三ヵ月後」とか文字で書いたら興醒めだし。



どうもうまく繋がらない。繋げようとするとグダグダになる。
そんなときはどうすればいいのか。

繋げなければいいんだ。

 シーンA → シーンB

の繋がりが微妙なら、あれです。
語り順を、

 シーンB → シーンA

にしてしまえばいいんです。

物語ってやつは、なんでもかんでも時系列順に
書かなければならないってものではありません。
回想シーンの濫用はわけのわからないことになりますが、
ここぞという時にだけ使えば効果的です。

逆に言うと、ここぞという物だけを回想シーンにするべきで、
これこそがまさにここぞというアレでしょう。

物語は、すでに「エステリオ」となった状態から始まる。
ストーリーがある程度進んでから、回想シーンとして
村が滅ぼされたこと、戦うために男装したことが
語られるってわけです。

これなら、オープニングが無駄に長くなってしまうのも防げます。
オープニングはスパっと! 最小限に!

反乱者たちを片付けて一安心な魔術師たち。
しかし、なぜか処刑したはずの反乱軍のリーダーを見たという話が。
その正体は、今は亡き兄に扮装した、リーダーの妹、エスティリアだった。
(最初はリーダー≠エステルという事は読者に伏せられていている)

これぐらいスッパリやるほうがわかりやすいや。

ただ、これだと、最弱っぷりがあんまり引き出されないのが難点。
そのへんは今後の課題か。



10/20までの拍手返事。

>ペンタブとして軸がぶれてる
それならば居直れ!
ずれるぜ! もうぶれぶれぶれぶれ

>つるぺたの幼女がアリなら、巨乳のオジサマもアリに違いないっ。
それただの太いおっさんだよ! お相撲さんかよ!
No Smoking ! (日本語訳:相撲キングはいません)

>よいかパラ犬よ。コナンダムのコナンは、名探偵ではなく未来少年の方かもしれないというのを忘れるでないぞ
わかったよ、じっちゃん!
じっちゃんのなにかにかけて!

>ふっ。私がロリコンだと?甘いな。私はただお兄さんキャラが大好きなだけだ!さあ、訂正してもらおうか!
 ロ
おリさんキャラが大好きなんですね。
右下のクイッとなってるところが違ってたようです。訂正します。

>そうか!自分の絵はやたらと小さいと思ったですよ!
ペンタブを小さくすればいいんですね!

そう、ペンタブのサイズが画面のサイズになるってのは重要ポインツ。
今こそ立ち上がれ、小さい絵の同志よ!
でも絵が小さいのは指の関節だけで描いてるからよくないって
ばっちゃがゆってた。
手首から先は固定してヒジで描くほうがいいって。
無茶すぎる。

>コランダム物語物語
[2008/10/25 10:38]裏山のネズミにやられる。
[2008/10/25 10:42]裏山のネズミにやられる。
[2008/10/25 10:44]裏山のネズミにやられる。
[2008/10/25 10:55]裏山の食人花にやられる。
ストーリー進まないよ!

>普通なのは仕方がない。だって人う並みですから。
>さ○なら絶望先生ですね、似てると思いますよ。               たぶん
>普通キャラの元ネタは絶望先生ですね(´・ω・`)
>元ネタが分からないだって?絶望した!!
>日塔さんですね
>なんだっけ、ほら、あの地味な子。誰だっけ、普通なあの子なんだけど
>絶望まくる先生ですね! 判ります!(返信不要)
>糸色望した!!
>パラ犬さん大丈夫!私も80%だ!orz 元ネタちゃんとわかる事に絶望した。
>絶望先生ですね分かります
絶望した! 元ネタがわかる人が多すぎて絶望した!
全員、人として軸がぶれている!

>テラファンタジアww
あれはショッキングだった。アミィィィィ!
狩りイベントでは伏線を貼る。これ必須。
ファンタジアのシナリオって構成が美しいよね。あれぞ王道。

>幼女ではないということは、成長して巨大化しないと考えてよろしいか。
残念ながらもう手遅れだ。
「これから大きくなるんだから」は大きくならないフラグ。
もちろん身長の話ですよ。健全サイトですから。

>棒エスティリアがカワイイです
エスティリアバージョンはレアだぜー。
村人って武器に何持たせりゃいいんだろうね。
そもそも村人が武器持ってるのがおかしい。

>なんかブログ通信簿が12歳女性という、とんでもないことになってますけどー!  このままいくと7歳ぐらいまで落ちるんじゃないか・・・?
>昼間送った人です。年齢が一気に8歳増えましたね、歳月とは早きものです・・・
ロリバージョン見逃した! 花の命は短くて。
20081025.png
そして相変わらず図書委員かYO。

>最近ポリエステルという単語を聞くとドキドキします……恋ですか?
このサイトの常連には、エステルとモンテスキューに反応してしまうという
呪いがかかります。
majiでkoiする5秒前。

>最初のイベントは連載漫画でいうところの第一話・・・なるほど。そう考えるとOPって物凄く大切ですな。勉強になります
小説で、最初の数ページで作品の質がわかるってのは基本だけど
言葉でわかっててもハートで理解できないんだよね。
なんとなく思いついたたとえなんだけど、
けっこう役に立ってるんでシナリオ製作ネタにちょうどいいと思った。
役立ててくれよな!

>エステルちゃん、村近辺の野兎に負けそうな勢いですな。
[2008/10/25 12:10]村近辺の野兎にやられる。
[2008/10/25 12:13]村近辺の野兎にやられる。
[2008/10/25 12:18]村近辺の野兎にやられる。
[2008/10/25 12:22]村近辺の野兎にやられる。
[2008/10/25 12:23]村近辺の野兎にやられる。
ストーリー進まないよ!
たぶん実際野兎にも勝てない。最弱主人公だし。

>トランザムの空  なんか混ざって覚えてしまったヨ
何と混ざったんだ。ガンダム00か。グーグル先生に聞いた。
それともトランザクションか。この基本情報技術者試験め。
関係ないけど、ソフ開の申し込み忘れてて、来年から
応用情報技術者とかいう微妙にかっこ悪い名前になってしまうことに
絶望した。

>名前すら忘れられる男主人公とはレオニスのことかしら。そんな犬はハートを狙い撃ちにされてしまいなさい。
>拍手返信で出ていた「名前すら忘れられる男主人公」A:即席サンタのニー・・・(ゲフン!)もりそば君 B:押しの弱い弟レオニス どちらを想像する人が多いのか興味深いです。
レオニスのつもりで書いたけど、もりそばは存在すら忘れてた。
本当に影が薄いのは、ネタにすらされない奴なのかもしれない。

>ロリコン度120%出たんですけど……そうだ、樹海に行こう。
ロリコンを極めし者は自らがロリになるといいます。
来世で頑張れ!

>僕の場合は、反転コピー→微妙に修正→悪魔にまだ魂までは売ってません宣言
それは、まあ、ギリギリセーフ。
バレなければどうということはない!

>いやだなぁ。村が燃えてるなんてことあるわけないじゃないですか。あれは
ただのキャンプファイアーですよ。

違うんです、これは虐殺ではないんです!
肉祭りなんです!