ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
ツクール雑談 ] 2009/01/12(Mon)
RPGツクール製のゲームをプレイするためには
専用のランタイムパッケージ(RTP)のインストールが必要です。

しかし、RTP内の素材を一切使っていない作品を作った場合、
起動のためだけに数十MBものファイルのインストールを
プレイヤーに強要するというのも酷な話です。

そんなわけで本日は、RTP不要のゲームを作る方法を
まとめてみたいと思います。

まじめな にっきを かいてみたよ!
たいとるも まじめにしてみたよ!
だって つくーるさいと だからね!

>VXでRTP無くす方法ブログに書いてありませんでしたっけ?
って、拍手コメントが来たので。
急にボールが来たので。

RTP不要のゲームの作り方を書いた覚えはないけれど、
せっかくだから、知ってる事はまとめてしまえ、と。
情報は共有してこそ価値があるって脳内神がゆってた。

基本的に、iniファイルを書き換える形になります。
iniファイルって何?って人のために書いておくと、
「構成設定」ってやつ。
テキストに歯車が付いた感じのアイコン。
普通にテキストエディタで編集できます。

当然ながら、一つでもRTP内の素材を使っていると
そこでエラーを吐きます。
特に乗り物関係やらの、最初からデータベースに設定されてるけど
自分は使ってない、ってやつに注意。
システム効果音もけっこう見落としがちかも。

------------------------------

■RPGツクール2000・2003
RPG_RT.iniを開いて
「FullPackageFlag=1」
という行を追加。
それから、RTPをインストールしたフォルダから
(デフォなら「C:\Program Files\Enterbrain\RPG2000\RTP」)
Harmony.dllをコピーして、RPG_RT.exeのあるフォルダに置く。

原理としては、構成設定だけを
「ランタイムパッケージのデータを含む」でゲームディスクを作成したものと
同じにして、本体のRTPチェック処理を通り抜けるって感じです。

ちなみに、ランタイムパッケージのデータを含める方法だと
RTPのファイルが全部ゲームフォルダ内にコピーされてしまうので
使ってないファイルを消すのがめんどくさいです。
なので、構成設定だけ持ってくるってわけ。

■RPGツクールXP
エディタ上で ゲーム(G)→RTPの選択(S) を開いて
RTPを(None)にする。
(もしくは、Game.iniを開いて「RTP1=Standard」を「RTP1=」に書き換える)
それから、ツクールwebのアップデータのページから
RGSS103J.dllをダウンロードして、Game.exeのあるフォルダに置く。

ちなみにdllの名前の「103」の部分は
RTPがバージョンアップすると数字が変わるので、
かなり未来にこの記事を読んで
ダウンロードページに行ったけど199しかなかった、みたいな事になっても
やり方は同じです。

■RPGツクールVX
Game.iniを開いて「RTP=RPGVX」を「RTP=」に書き換える。
それから、RTPをインストールしたフォルダから
(デフォなら「C:\Program Files\Common Files\Enterbrain\RGSS2\RPGVX」)
RGSS200J.dllをコピーして、Game.exeのあるフォルダに置く。

ちなみに、これはツクールXPから勝手に推測してテストしただけの
やり方なので、当然のごとく非公式です。
2000・2003も非公式ですけど。

なお、VXをRTP不要にした場合、フォント「UmePlus Gothic」が
プレイ側のPCに存在しないと(←普通はインストールされてない)
起動時のフォントチェックに引っかかります。

その場合は「Fonts」というフォルダを作って
(↑「Audio」「Data」「Graphics」フォルダと並ぶ階層)
その中にUmePlus Gothic(RTPをインストールしたフォルダからコピー)を
入れておくと、自動でそこからフォントを読み込んでくれます。

スクリプトでフォントを変更して、UmePlus Gothicを使ってなかったら
大丈夫かというと、そうではなく。
UmePlus Gothicのフォントチェックは走るので注意。

フォントチェックは、スクリプト「Main」の

 unless Font.exist?("UmePlus Gothic")
  print "UmePlus Gothic フォントが見つかりません。"
  exit
 end

ここを削除すればOK。

……そういや、フォント変更スクリプトってば
サイトに置くの忘れてた。

------------------------------

念の為に書いておきますが、設定は自己責任でお願いします。

あと、もちろんRTPをアンインストールしてのテストプレイも忘れずに。



日記の途中ですが、臨時ニュースが入りました。

RPGツクールXP VALUE! 2009/02/26発売

「サンプルゲームは3倍増量!」だと……!

claimhさんの日記で知ってびびった。
なんでそんなに情報早いの。

これでツクールXP活性化 → XP対応素材ウハウハ
の流れになったらいいな。

これを機に追加RTPが出るとしたら、
モングラは(VX発売前に話が出てた)池上明子さんかな。
発売予定ってことはRTPじゃなくて素材集かも。

そうそう、VXのモングラ描いてる人なんだけど。
個人的に最高のドラゴン絵師と崇めてる緑川美帆さんだったって
知ったときは、そりゃ驚いたもんです。
VXのドラゴン超かっこいい。



1/11までの拍手返事。

>作曲の天才だ! たった三十秒でも涙が…
ありがとです。
拙いながらもとにかく気持ちだけは込めてあります。
その気持ちはやがて怨念となり世界を闇に包むであろう!
さあ泣け! 恐怖するがいい!

>癒し系の呪術野郎……。忙しい人ですね。
悪役顔で癒し系の呪術野郎です。
人を生かす能力は裏返せば人を殺す能力であるってばっちゃがゆってた。
ドラクエの神官だってザラキ使うし。
とりあえずクリフトはボス相手にザラキ使うなと言いたい。

>最近はヒロインの回復役でも筋力がマッチョマンより高くなることもザラにあるので、マッチョでおっさんの回復役がいても何もおかしい事なんて、いや、むしろヒロインは回復される側に立つべきなんだそっちの方が
ヒロインばっかひいきして育ててレベル差が出ると
マッチョよりもムキムキになるという悲劇。
人気の出ないマッチョやおっさんがこの先生きのこるには
回復役になるしかないのか。

>癒し系お兄さんが男子高校生に色々とされ…イイエ、ナンデモアリマセン。
ふむ、年下攻という属性であるな。
攻と受を変えるだけで全く逆の属性になるとは
なかなか奥の深い世界である。

>アレドヴァルって長い名前が覚えられませんので、短いニックネームをつくってみるのはどうでしょうか。
もうアレでいいじゃん、アレで。「アレ」。
参考程度に、キャラそれぞれの呼び方を。
 レオニス・ノルシェ → 「アレドヴァル」
 セラ → 「兄さん」
 ハーゲンティ → 「アレっち」
 エレノア → その場のノリで変わる。
       例:「アレっち」「じゅずつし」(噛んでる)
 クレティア → 「魔術師」(噛まずに言える)
ほとんどのキャラが真面目に長い名前を呼ぶ気がないという。

>ソードワールド2.0のドワーフ(女)がロリなのも時代のニーズですね!
あれも時代のニーズだね。ロリ斧。
ロリ好きならグラスランナーをやればいいじゃない!
と、いつの間にかTRPGのメンツ内で「パラ犬=グラスランナー」という
図式ができあがってた奴が申しております。
ルールブックの1巻にグラスランナーが載ってなかったときは
ソードワールドどうなるんだと思った。

>回復役は兄貴ですか
兄貴でございます。悪役オーラを放つ兄貴でございます。
頼れるお兄さんっぽくない兄貴でございます。後列だし補助系だし。
それ言い出したら主人公も後列で飛び道具という罠。
なんで大樹のパーティ、女の子ばっかりが
斧振り回したり攻撃魔法放ったりプレートアーマー着たりしてるんだろう。

>D&D2のタフガイクレリックのこと たまにでいいので思い出してあげてください。
D&Dはやったことないんだ。
なんかタフガイクレリックと聞いて
パワープレイの錬筋術師を思い出したけど、
よく考えたら、あれはべつに回復とかしなかった。
ポージングで相手を魅了したりメンズビームを放ったりするクラスだ。

>RGSSのことで一つ RATBについて ゲージを非表示にしてアクターのステータスを右詰にしたいのですが・・・・
改造は自力でお願いします。
小さい改造だけど、一人に答えちゃうと
「なんであいつには教えてこっちは教えてくれないんだ!」って展開に
なってしまうもので。

>じゃあ、回復役は「清楚な女の子魔法使い」と「ムキムキのオジサマ(ベテラン医師)」の二極で。両方投入すれば、パーティの安全的にもプレイヤーの需要的にもバッチリだぜ! 魔法と医者の相性は悪そうだけども。
なんて攻撃力に欠けるパーティだ。
自分は攻撃魔法・兼回復のユニットに回復は使わせないなー。
MP配分的な問題で。
命拾いしたな、おっさん!

>民族調といえばアルトネリコのBGMはガチ
うん、アルトネリコのBGMはいいよね。
謳い手さんの名前見ただけでガチってわかる。
志方あきこさん、霜月はるかさん、みとせのりこさんって。
なんという贅沢な組み合わせ。

>呪術で回復とはこれいかに。
正確には、リバース(効果反転)+ペイン(当たると痛い)の
コンボで発生します。
2スロット消費する上に、連撃は途中でターゲットを変えられないので
実はあんまり使い勝手はよくないという。

>回復役ではなくアイテム係という選択肢
アレドヴァルにはアイテム効果増幅のスキルがあるから
アイテム係にもなるという。
どっちの選択肢でもやっぱり地味だ。

>そういえば、コランダムの回復役っていったい…
くっ、そのネタで三回ぐらいは引っ張れると思ったのに……!
実はそのへん、まだ考え中であります。
魔法が使えないのがポイントだから、戦闘システムも
その世界観を反映させたものにしないと。
魔法使えないけどスキルで炎属性の剣術が使えます、とかじゃ
意味ないしね。
もちろん大樹も魔術系の人たち以外は炎出したりできません。

>民族音楽は良いですね(個人的にはケルト音楽)。素朴で温かい作風のRPGにピッタリだと思います(ポポロシリーズとか)。
というか3Dモデルのエレノアさんが可愛すぎるんですけど!

ありがとうです。ケルトいいよね。
フィドルと笛! それからギターとバグパイプとアコーディオン!
大樹は素朴路線でいこうと思ってます。野蛮人だし。

>みこみこ野郎!!
呪術師 → シャーマン → 巫女
巫女すぎるよ、あの野郎!

>アクツク(たぶんアクションゲームツクールの略称)の情報が更新されましたねっ。
更新されたね!
この勢いでガンガン情報公開来るかな。
仕様について全然情報がないから、発売前に
準備(という名の妄想)ができない。
体験版は出るのかな。

>呪術師って攻撃はしないんですか?
頑張って杖で殴るのが漢(おとこ)ってやつです。
とりあえず、魔力の刃を杖に付与して大鎌にするって術があるけど、
アレドヴァル自体の攻撃スキルがしょっぱいから
そんな術よりスリープのひとつでも撃ったほうが役に立つという。

>使うかどうかはともかく、DTMだとバグパイプって厳しいんでしょうか。そもそも無理とか?
標準のMIDI音源にバグパイプの音は入ってるんだけど、
「あれ?バクパイプってこんな音だっけ?」って感じ。
ちなみにMIDIはこんな音。(→Scotland the Brave
いやまあ、これはベタ打ちしてるのが悪いんだけど。
バクパイプに限らず民族楽器は特殊な奏法があったりするから
それっぽく打ち込むのはスキルが問われるんじゃないかな。
そのへんは気合いで!