ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

01月 « 2018年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2017/11/15(Wed)
ついに出したぞ! KO・TA・TSU!

はい、こたつの時期です。こたつで丸くなる時期です。

冬といえばこたつでアイス。これですよね。
しかしアイスであれば何でもいいというわけではありません。
こたつで食べるアイスといえば、やっぱり雪見だいふく。これ。

ところで。
雪見だいふくって、皮が甘いぶん中のアイスはわりとあっさりめじゃないですか。

雪見だいふくは球体なわけで。
最初の一口は、皮の割合が多くて甘い。
しかし食べ進めるうちに皮が少なくなり、ほぼアイスになってしまう。味気ない。そうは思いませんか!

この問題を解消するため、我々は実験を重ねました。

そして、ついに見つけたのです。
味気なさを解消しつつ、かつ、雪見だいふくそのものの味わいを邪魔しないアレンジを。

それは、練乳!
皮が少なくなったところで、チューブ入りの練乳をニュルッとかけるのです。

ポイントは皮ではなくアイスにかけるってところ。ここ大事ですよ。とても大事。
最初の一口は甘い皮、雪見だいふくそのものを味わい、二口目以降に練乳をかけるんやで。

インスタ映えとかを狙うと皮にとろーり練乳がけになりますけど、皮にかけちゃダメです。大事なことなので二回言いました。
かじった断面にかけるんです。インスタ映えしません。写真がないあたりで察してください。

毎年出る限定味の雪見だいふくは中にソースやらが入ってることが多いですね。
中の人もアイス部分の物足りなさは気付いているのでしょう。
しかし中心にソースが入っていると、その部分だけソースが多いんですよ。おわかりいただけますでしょうか、この気持ち。

自分のペースで、好きなだけ、そう、好きなだけ練乳をかけるのだ!
おっぱい!



はくしゅへんじ。

> かずのこの洞窟とかどうでしょう>第三勢力

海からの刺客!
陸の危機に今まで対立していたきのことたけのこが一時休戦して共に戦う熱い展開くるでー。


> 株式がバブル後最高額をつけてニュースを騒がせている今日、株主優待の話と言うことは!さては「うはうは」だな!?

愚かな……株主優待目当てで買うとなかなか手放せないのだよ。
優待の時期は株価上がるよねー。終わったらまた下がるんだ。


> 犬派猫派論争とかきのこたけのこ論争とか、どちらかというとどっち?って聞かれて分けさせられますよねえ
私は猫派なんですけどね、犬も好きという立場ですね。世の中そんな両極端な事例のほうが少ないわけで。きのこの山たけのこの里は最近食べて無いなあ


犬と猫の片方が好きで片方が嫌いって人ってほとんどいないよね。もふケモに優劣なし。
それと同じできのこの山とかたけのこの里も、食べなくなったら両方食べなくなるもんだと思う。
二択ってずるいよねー。うんこ味のカレーとカレー味のうんこぐらい卑怯な質問だと思う。


> かずのこの海というのを思いついてググったら7年前に先人がいた

かずのこ人気だな。
海産物は卵や稚魚があるから強いね。ちりめんじゃことかもよさそう。


> ヽ( ・∀・)ノ● ウンコー
ヽ( ・∀・)ノ●
ウンコー
半角がぁぁぁぁ


二回も送るから!
貴様はきのこの山のチョコ部分を巻きグソ型にする刑。

雑記 ] 2017/11/07(Tue)
明治の今年の株主優待は、きのこ派。



きのこの山は箱なのに、たけのこの里ちっさ! 小分けパック!

ですが、これもきっと苦渋の決断だったのでしょう。ええ、わかりますとも。
きのこの山を入れるからには、たけのこの里も入れなければ戦争が起こってしまう。しかし限られた空間にあの大きな箱を二つも入れてしまえば他の菓子があまり入らなくなってしまう。

やっぱり対立する二つというのがいかんのですよ。
片方をピックアップしたらもう一つも同じように扱わないと敵扱い。非国民。
犬好きって言ったら猫嫌いだと思われるようなもんです。あれ困るよねー。

今こそ、新たな第三勢力を! 争いを止めるためにはもはやそれしかない!

かつて、すぎのこ村というものがありました。争いのない平和な時代でした。じゃんけんぽんでかくれんぼでした。
きこりの切り株は違います。いいえそれはブルボンです。

いつしかすぎのこ村は消え、皆からも忘れ去られてしまいました。
まあそもそも、すぎのこって何やねんって感じですしね。そんな作物ないっちゅーねん。杉の子は杉やろ!

「~のこ」って、挙げるとなるとなにげに難しいですね。
これが対抗勢力が現れない最大の原因かも。

きのこ・たけのこと並ぶ、チョコレート菓子らしい名前……

うんk……

はい、危険な流れになりそうなので終了!



はくしゅへんじ。

> にんげんドッグですよ、わんわん

恐怖! 人間犬!
そういや昔、人面犬って流行ったけどさー、なんで犬に人のパーツがくっついてるって決めつけてるのさー。犬体人でもよくね?


> パラ犬「へ~あんたもドッグっていうんだ

そこにもドッグ、あそこにもドッグ。
ドッグをたくさん集めてお友達と差を付けよう!


> 刻の大地が連載再開だそうだすよ

連載終了から15年ぶりの再開!
いつか続きが出ると信じてとっといたレヴァリアースから読み返したもんねーだ!


> 暫く目を放していた隙にパラ犬がーーッ!パラ犬が息を吹き返してたーーー!お久しぶりです!!!活動再開、我嬉しい。ところで胃カメラがヴァァァァァァーーーーフゴッウゴァーゲホッって感じに痛いのよくわかります

フハハ、よく来たな! ひさしぶり! そう、生きていたのだよ!
君が箱を開けるまでは中の犬が生きている可能性と死んでいる可能性は重なり合っていた……だが、君が観測したことによって生きている状態に収束したのだ。おめでとう。
胃カメラ同志よ……なんだろうねあの理不尽さにも似た苦痛。


> パラ犬…パラ…パラパラ漫画……これだ!

パラ犬「へ~あんたもパラっていうんだ」

雑記 ] 2017/10/29(Sun)
胃カメラ飲んで来ました。生まれて初めて。
なんというか……新境地でした。

看護師さんに「初めてなんです///」と伝えて、どうすればいいか聞いたところ、呼吸だけを数えて意識を遠くに置くようにするのがコツだそうで。
なんなの? 瞑想なの?

で、肝心の、胃カメラ入れるところなんですけどね。
なんか、あまり記憶がないです。
ベッドに横向きにされて、ヴァァァァァァーーーーフゴッウゴァーゲホッって感じでした。
うん、伝わらないね、これ。

苦しい時って、精神が切り離されるもんなんですね。
イラストだとたぶん目からハイライト消えてましたよ。

まあ、上手く意識を遠くに飛ばせてたんだと思います。
かんごしさんにも「はい上手ですよー」っていっぱいいわれてたもん。
たまに背中をさすってくれてね。天使やでぇ。

終わった後は放心状態でした。
なんかポリープがたくさんあったとかおそらく良性ですとか言われてた気がするんですが、頭に入ってこない。目のハイライトなくなってるところに言われても。
ぼんやり「えー、組織採取の検査って別料金だよねー。なんぼすんの?」とかどうでもいいこと考えてました。(4000円ぐらいでした)

ちなみに。
異常が見つかった場合に組織採取するかどうかは、胃カメラの検査前に聞かれます。
その時は、そんなの見つかってから聞けばいいのにと思ってたんですが。まあ無理ですね。ウボァーしてるので。
ここで「いいえ」を選んでいたら再検査でもう一回胃カメラを飲む羽目になるので、みなさん「はい」を選んでおくことをおすすめします。

欲を言うと、カメラのリアルタイム映像を見せてほしかったです。
内臓も見たかったし、特にポリープをプチッとやるところを見たかった。

そんな感じで胃カメラつっこんで生検したんですけどね。
その後しばらく粘膜を保護する薬を飲まなきゃならないんですよ。プチッとやったから。

えらくドロッとした緑色の液体。大きいキャップ一杯。
中途半端にグリーンアップル味。駄菓子っぽさがすごい。

まあね、薬臭い駄菓子なんぞ、楽勝ですよ。
子供の頃はグミをレンジでチンしたりマシュマロをレンジでチンしたり、邪悪なものを錬成しては責任を持って食べましたからね。
薬嫌いって人は、きっと錬成の経験が足りないんですよ。知らんけど。

さて。
ここしばらく、胃も含めてずっといろんな部位が痛いんですけど。
寝てても痛いんですけど。座ってお腹が圧迫されるとめまいするんですけど。

季節の変わり目の恒例だと思っていた謎の焦燥感って、ひょっとして、内臓の不調が原因なんじゃないかと。
痛みすなわち生命の危機であり交換神経!
「闘争か逃走か(Fight or Flight)」って、これ名前考えた人絶対ドヤ顔ですよね。

今の私は手負いの獣……
触ると怪我するぜぇ……



はくしゅへんじ。

> 日本のカボチャ的アレはKabocha Squashとか言うらしいですね

うっかり「かぼちゃスカッシュ」って言ってしまうと飲み物っぽくて嫌だ。しかも炭酸。
スクワッシュって言いにくいよねー。パンプキン広めた人ぜったい語感で選んでるわー。


> んなぁぁあああーっ!!!!コトブキ屋の七地フィギュアが予約開始したらしいよ!

んなぁー! でかしたブキヤ!
フィギュアなのにこのもふもふ感はどうよ!
このかわいすぎる顔……作った人はナナチ女の子派か? 自分はナナチ少年派です!


> 近所のスーパーのブックコーナーにパラ犬年の年賀状作成ツクールの本が6種類ほど売られていました。

来年はわが年! 崇めよ! 犬を称えよ!


> ブレインダムド!

ばよえ~ん!ばよえ~ん!ばよえ~ん!


> 今年の台風の無能っぷりには辟易しますね。2週間連続日曜夜襲撃とか求めてねえんだよこっちは! ちゃんと平日早朝~夕方直撃してこいよ! しっかりしろよな!

そうだそうだ! しっかりしろー! 二回目なんだからわかれよ!
朝の威力が中途半端だと会社指示じゃなくて有給を消費してしまうから、昼から風が強くなって帰宅ルートがいいなあ。
半ドンってなぜか休みよりテンション上がる。

雑記 ] 2017/10/23(Mon)
台風……
日曜日を大雨で潰した挙げ句、とくに仕事が休みになったりはしなかった台風……
なんかいろいろ飛ばされて片付けが大変だった台風……
マジ迷惑。

今回みたいに全国的に被害が大きい台風は別として。
特に被害が出ないような小さい台風って、なんかテンション上がりませんか?

いや、テンション上がるとはいえ、べつに庭を駆け回ったりはしません。やめてくださいしんでしまいます。
安全な室内で、外がガタガタいってる音を聞きながらふとんで丸くなるのがいいのです。

安全。きっとここが一番重要なんですよ。
なぜ台風でテンションが上がるのか。突き詰めるとわかることは、「安全が保証されていると実感できること」だと思うんですよね。
野生の猿だった時代なら生存できなかった自然現象も、文明に守られている我々には通用しない。
疑似的な死を通して生を実感する、というか。

物語の面白さは一種の緊張感から生まれる、というのは、聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。
その面白さはスリルとサスペンスそのものではなく、その緊張感というストレスから解放されることこそが本質ではないか。そう思うわけです。
ここを履き違えるとストレスが溜まるだけのクソゲーができるわけですねハイ。

読者は生かさず殺さず。



はくしゅへんじ。

> 昔はハロウィンって聞いても「七鍵守護神」ぐらいしか思いつかなったのに……このネタも今じゃほぼ通じないですね。

鈴木土下座ェ門ももうそろそろ通じないね。ていうか普通にみんなRPGでビホルダー出してるね。
ちなみにVXAceのサンプルゲームではビホルダーでNG出たってのは秘密だ。


> please update your pixel art institute !

I...If I feel like it !


> いたずらされるサンタクロース……

おっさん相手に何を想像したー!
ちょっと署まで来てもらおうか。


> パンプキンという言葉が指すものが日本でよく食べてるカボチャじゃないって知った時の「お前マジかよ……」感は異常
ジャック・オー・ランタンのあの絵の具で塗ったくったようなオレンジ色のアレだけがパンプキンであって、他はパンプキンじゃないとか嘘だろオイ……
ちなみに本家本元のパンプキンは食用じゃないっぽいけど無理やり食べたことがあって、なんていうかホクホク要素皆無で1から10までメッチャ繊維!でした。現場からは以上です。


お前マジかよ……知らなかった。
そんなヤバいこと、なぜ日本国民は知らされていないのだ!
ひょうたんで例えると、ひょうたんをかんぴょうと呼ぶぐらいヤバいよ。なんでひょうたんで例えようと思ったのかよくわからないけど。
あと、食用じゃない植物を食べたキミが一番「お前マジかよ……」だよ!

雑記 ] 2017/10/18(Wed)
ハロウィンの野郎、最近調子に乗りすぎじゃね?

なんかパリピなイベントになっちゃってますよね。
おのれパリピ、光のみならず我々から闇すらも奪おうというのか……!

少なくとも4年前はハロウィンは地味だったという記録があるので、ここ3年ぐらいの出来事だと思います。

ひょっとして、あのときハロウィンが盛り上がってほしいと願ったから、世界の理が変わってしまったんでしょうか。
ああもう、神様わかってない。まったくわかってない。
もっとこう、忖度? ソレをナニしてくれないと。

そんなにカボチャが好きなら冬至に食べればいいじゃない!
あ、でも冬至となると今度はクリスマスですね。

もういっそまとめてしまって、クリスマスに仮装して外を練り歩けばいいんじゃないかな。
プレゼントくれなきゃいたずらしちゃうぞ!



はくしゅへんじ。

> お前は美味しいに見えてしまった…

かゆい かゆい スコットーきた
ひどいかおなんで ころし
うまかっ です。

雑記 ] 2017/10/13(Fri)
キノの旅がアニメ化ってことで、原作(小説)を読んでる途中です。

昔、なんとなく読む機会を逃してそのままだったんですよ。
けっこう昔の作品だと思ってたんですが、新刊出続けてるんですね。すげぇ。

だいたい原作はアニメが終わってから集めるんですが、これは小説で読みたいと思ったので。
ラノベが完全に漫画やアニメの台本と化している今の時代、小説が完成形になっている物語は貴重です。

旅をしながら色々な国を訪れる物語。ひとつひとつの国が寓話のようになっています。
一話完結型の短編集。すっきりとした易しい文体で書かれていてとても読みやすい。
短編だいすき。一冊にたくさん入っててお得感もあるし。ちなみに小説はあとがきを先に読んでしまう派です。

この物語のすごいところは、皮肉が効いた寓話なのに、それでも世界を丸ごと肯定しているところだと思います。

皮肉でありながら否定的ではないというのは、とても難しいことで。
だいたい嫌味やディスりや言ってやったぜ(ドヤァ)な類の、不快なものになるんですよね。

視点はあくまで旅人。それぞれの国にはそれぞれの事情や正義があって、主人公はそこに居合わせただけの客人なんです。
手を出さなかった結果国ひとつ滅びようと、それは滅びるべくして滅んだだけ。
立ち寄った島で自分の正義を押し付けて荒らしていく海賊とは違う。

困っている人にお節介はしない、厄介事には関わらない、殺されそうになったら躊躇なく殺す。
救いのない話が多いのになぜか優しい印象を受けるのは、妙な押し付けをしないからなんですよね。

「世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい」

大きく感情を揺さぶる類いの物語ではないけれど。
嵐が過ぎ去るのを待つしかない長い夜にそっと寄り添ってくれるような、そんな感じの作品だと思った次第でございます。



はくしゅへんじ。

> 色の伝え方で思い出したけど、「BL」を黒って言ってもほぼ通じないだろうなぁ。太陽色彩使わないし。

そんなんボーイズラブって読むに決まってるじゃないか。(※個人の感想です)
「K」のほうがまだ黒って通じるね。BもLもAもCも奪われた黒の哀しみ……CMYにわかるものか……!


> <

必要最小限ー!

雑記 ] 2017/10/10(Tue)
気温が下がる季節は調子が狂うと、以前書いた次第でして。

いきなり漫画の練習を始めたのは、2月だったか3月だったか。
半年間はモリモリ練習していたというのに。
夏が終わったとたんにごらんのありさまだよ!

精神は肉体のコンディションに左右され、肉体は気候の影響を受ける。
人の行動が気候などという不安定なものに影響されるというのなら。
また気温が上昇する季節になれば気力が湧くかもしれないってことじゃね?

人が長い冬に耐えられるのは、いずれ春が来ることを知っているからですよ。人はそれを希望と呼ぶんです。
春が来るまで生きていられるとは限らないんですけどね。

冬の寒さで死んでしまわない、すなわち、絶望して創作意欲を完全に失わないこと。
停滞した時期にやるべきことは、もう無理だとあきらめてしまわずに低速ギアに切り替えることかもしれません。

アウトプットをバリバリやってる時期は、インプットがおろそかになったり偏ったりしてますからね。
急に出力ができなくなるというのは、いろんなものを蓄えるべき時期なのでしょう。冬眠の準備を始める動物のように。
そしてやがて何もしたくない時期が訪れるんです。インプットすればすぐにアウトプットしたくなるなんてのは幻想です。
それは冬眠のように。長い冬、蓄えられたさまざまなものが熟成して、そして目覚めの時が訪れるのだ! 光あれ!

まあ、若い頃はですね、やる気を出せないのは怠けてるせいだというファッキンな周りの声(脳内含)を真に受けて随分と精神をすり減らしたもんです。ファッキン!
だいたい他人を怠けていると責める奴ってのはですね、相手が自分を満足させるために動くのが当たり前でそれができないのは相手の性格に問題があるって言ってるようなもんですよ。ファッキン!

何をやっても上手くいかない時期があるってことを無視して根性論に走ると……死ぬ!

まあ、偉そうにこんな事を書いていても、脳内では常に何かに追い立てられて、何もしなくてもMPが減っていくステータス異常に見舞われているんですけどね。
そりゃおめぇさん、焦っていない人は「焦らなくてもいい」なんて、わざわざ自分に言い聞かせやしませんよ。

さて。
何をして過ごしましょうかね。



はくしゅへんじ。

> 好きな色をDIC色番号で伝えるよりカラーコードの方が伝わると言われる時代……うっ

DIC色番号わかんないよ!
画材屋で売ってる単語帳みたいなやつ持ってないと付き合わせできないよ!


> モンテのモデルってイシクラゲ?

彩度低いけど! 低いけどぉー!
あれ小学生の頃は毛虫のフンとかとか言われてたなあ。自分は桜の実が落ちて腐ったやつだと思ってた。
探偵ナイトスクープで「あの謎の物体を食べてみたい」って依頼を見て正体を知ったんだけどさ。
ちょっと食べてみたい……いややっぱり食べたくない。


> _<)メイドインアビス品薄らしいですよ一巻買うのに三軒くらいハシゴしました。続きも一緒に買えば良かった…手持ちさえあれば…

引用符を顔文字に利用するんじゃありません!
元々マイナー本だからね……売れない事を折り込み済で単価も高い……
アニメ効果でファンが増えて嬉しいわー。マイナー作品を共に語れるっていいね!


> ブーツとか、目の美しさとか、まるで製品品質!私はそのデッサン人形の完成度に涙するっ!パラ犬卿、あなたはウマ過ぎます!!
…でも、パラ犬さんはきっと眉一つ動かさずに「アレをデッサン人形としては運用していません」とか言い放ちそう。


んなぁー、そんなに褒めるなよぉー……
あなたの愛があれば私は不滅です。
デッサン人形とはデッサンに使うものだけを言うのでしょうか。私はそうは思いません。愛です、愛ですよ。

雑記 ] 2017/09/29(Fri)
好きな色とよく使う色って、必ずしも同じじゃないですよね。

自分は茶色をよく使うんですが、別に一番好きなのが茶色ってわけでもないです。
もはや水や空気のような存在。
好きなドリンクは水!って言わないじゃないですか。

それにしても茶色使いすぎですね。
魔法少女になったときにイメージカラーが茶色になってしまうかもしれない。
視聴者に「うんこマン」って呼ばれたらどうしよう。

好きな色はというと、緑色です。少し黄色寄りでやや彩度が低めでそのぶん明度を上げてバランスを取った緑色。
茶色と緑色は相性がいいのがよいところ。

しかし日用品とかのアイテム系で茶色×緑の配色というと、なぜか青緑のチョコミントカラーなことが多いんですよね。黄緑を出してくれ黄緑を。
まあファンシーグッズで茶色使うってのがレアなんですが。

好きな色を聞かれたときって地味に困りませんか?
そもそも口頭で答えて色が伝わるんだろうかっていう。

好きな色を緑って答えると、だいたいみんなカラーコードでいうと#008000→あたりを思い浮かべると思うんですよ。
でもそれは違うんですよ。そんな20年前のホームページの背景みたいな色じゃないんですよ。ネットスケープナビゲーターで動作確認しなくていいんですよ。

カラー占い的なもので「その緑じゃねぇ」ってときは、だいたい黄色を選ぶことにしています。
黄色は各人の色の認識のズレが比較的少ないところがいい。

もはや茶色でも緑色でもない。
いや逆に頑張れば茶色にも緑色にもなれる色ですよ黄色は、うん。やればできる子です。気合いと彩度と色相でなんとか!



はくしゅへんじ。

> ParaSite2d6 ひょうたん館
ParaSite2d6 ひょうたん館


なんで二回言うねん!
なんで二回言うねん!


> にゃーんにゃーん

にゃーん
にゃーん

雑記 ] 2017/09/27(Wed)
みなさんはこんな経験はありませんでしょうか。

定期的に更新しているものの更新がなんとなく遅れたら、しょうもない記事出すのもアレだよなあとか遅れた理由を書かなきゃいけないとか、いろいろ考えてしまって余計に更新しづらくなる。

――はい。
更新が遅れた理由は、以上です。

メールとかの返事をすぐに出さなかったら出しづらくなるのと同じです。
きっとこれはあれですよ。学校や会社に遅刻したら理由を述べなきゃならない世の中で育ったせいですよ。
だいたいよのなかのせい。

遅刻の理由なんて「あと5分寝たかった(5分で起きるとは言っていない)」とかそんなんじゃないですか。
でもそんなしょうもない理由を言って怒られるのが怖いから言い訳を考えなきゃならないんですよ。
しかし寝たことと嘘をつくことのどちらが大罪か、我々はもっとよく考えるべきではないでしょうか。死後さばきにあう。神と和解せよ。

それにしても、季節の変わり目というのはどうにも調子が狂います。
気温が下がる側、夏→秋と秋→冬に自分は特に弱い。
呼吸が明らかに苦しいですもんこの時期。あと常に何かに追い立てられてるような焦燥感とか。
書いててわかったけど自律神経系ですねコレ。

きっかけはそういう些細な不調なんです。
しかし、理由が些細であるからこそ、間が空くと更新しづらくなる。これがトラップ。

Twitterの人らが特につぶやくことがない時に「にゃーん」とか言うような姿勢を、我々ブログ勢も見習うべきですね。

にゃーん



はくしゅへんじ。

> 何成って、そりゃフタナ・・・(文章はここで途切れている)

くっ、くそっ、だれうま! その発想は、その発想はなかった!
負けたよ……お前がナンバーワンだ……


> ちっさいひょうたんかわいい! 最近緻密なミニチュアもありますが天然ものは格別ですわ……

木彫りのミニひょうたんもいいけど、なんか違うんだよね。
ミニチュアはひょうたんの似姿ではあるがひょうたんではない……悲しき偶像なのだ。


> 捏造でなく本当に過去記事にありますよー
乳の絵も記憶にあります


> 捏造?…あれ?え~と…私の記憶違いですか?それとも解釈が間違っていましたか?乳の絵だったら「乙π」でこのブログ内をレッツ検索ぅ!

やれやれ、そういう捏造は引き際が肝心……えっ、ちょっ、なんで複数人の証言が……?
http://para.blog14.fc2.com/blog-entry-1375.html
うわあああああマジだったあああああ!!!
き、記憶にございません! 秘書がやったことですー!
(本気で忘れてた)


> ひょうたん館まだやってるじゃないですかー

館じゃないもん!
RPG館ですー! RPGやってないね! ガッデム!


> にゃ~

にゃーん

雑記 ] 2017/09/09(Sat)
絵に限らず、練習というもので最も辛いポイントは、行動そのものよりも、自分の技術の低さに向き合うことだと思う。

認知の歪みに苦しめられた経験のある人ならお分かりいただけると思うんですが、マイナス面にフォーカスされた視界に人間の精神は長くは耐えられないものです。
絵が描けないぐらいで死にはしませんが、自分は無力で無価値だという方向にいったん思考が傾くとどんどんそれを強化するものばかり浮かんでくるもので。死にます。

物事には良い面と悪い面があるというのに悪い面だけを探し出して自己批判をするのは死に至る病。
だというのに、意図的に悪い面を掘り出して向き合おうっていうんですから、なんともえげつない行為ですね、練習ってのは。

丸を描き続けると絵が上手くなるとかいう、都市伝説というかまあなんというかアレなアレあるじゃないですか。
あれを真面目にやる人がいるのは、あれが「行動」だけで済むからだと思うんですよ。
少なくとも自分の技術の低さには向き合わなくていい。技術の低さを感じはするでしょうけど、ただ自覚があることと向き合うことは全く違うもので。

丸描き教の信者は、きっと向き合うことに疲れた人なんだろうな、と。
あれは練習じゃなくて祈りですよ。無力感にうちひしがれてもう前に進む気力すら残っていないとき、人はただ祈ることしかできないんですよ。
斜め向きの輪郭線を手癖でいっぱい描いて練習した気分になってた頃に戻りたい。いや、べつに戻りたくはないけど。



はくしゅへんじ。

> >10年後ぐらいに~ ということで10年前の記事を見てみました。 2007年9月、どれどれ・・・毎日更新・・・だと・・・?おまけに記事が休みの日すら休み報告の記事・・・ウワァァァ!

ウワァァァ! あの頃は寿命削ってやってたなー。
10年ぐらい経って最大HPを見てようやく悪魔に魂を売っていたことに気付くんやで。具体的に言うと睡眠時間を削るとか。
若さゆえの愚かさよ。だがそれは本当に愚かだと言えるだろうか。それほどまでにやりたい事があった、それは幸せだったのではないか。
10年前の自分が今の自分を見ればこう言うだろう。「愚かって言うほうが愚かなんですー!」と。