ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2017/08/01(Tue)
無理のない更新頻度って、なかなか難しいですね。
今のところ週一で安定してる感じなんですが、果たしてこれは本当に安定なのだろうか。

一回書いたら次は7日後だから気合い入れないと!ってなって、一本にやたら時間を食うわけで。
読む方も、長いと読みにくいし、興味のないネタだと残念感が大きいじゃない?

逆に少し更新頻度を上げて、もっと軽いネタをホイホイ書くほうがハズレが少なくなるんじゃないか、と思ったある夏の日。

ネタ切れしてからが本番だぜぇ……
あまりにも書く事がなくなって、そうめんのアレンジレシピとか書き出すかもしれん。

でもその程度なら書いたところで特に違和感なかったわ、うん。通常運行!



はくしゅへんじ。

> かわいい上にしゃべってる、というのが魅力な気がします。静止画で見ることが多いですからね。自分はえっちゃんも好きですー

なるほど! 漫画って動きがあるもんね。今までになかったパターンだ。(だいたい本編がエターナるから)
シャーレイもえっちゃんも好きでいてくれるとは嬉しいわー。ありがとう。よくばりさん!

雑記 ] 2017/07/28(Fri)
web漫画ってどれぐらいの画像サイズにするのがいいんだろう?

横長画像なら、お絵描きソフトのプリセットを使ったりしますよね。
横1024×縦768とか横800×縦600とか。
昔のグラフィックボードの画面解像度ですね。壁紙サイズともいう。
縦横比4:3。(今の壁紙サイズは16:9が主流です)

「縦横比」って書いてるのに表記が横×縦の順になってるのがなんか気持ち悪いですが、そのへんはグローバルスタンダードってことで。
リバ不可? ゴメンネー。
(※リバ:BLカップリングでA×Bに対するB×Aのこと。リバ不可とはA×B推しだけどB×Aは無理という意味)

で、縦長の画像だと、これを90度回転させたやつってことになります。3:4。

縦はブラウザに収まるようにしたいところ。
ブラウザはメニューバーやらのせいで意外と縦幅は狭いです。そのへんフルスクリーン前提の電子書籍と違いますね。

現在スタンダードな液晶ディスプレイの画面解像度は横1920×縦1080(Full-HD)でしょうか。
となると、横600×縦800あたりが妥当っぽいです。

じゃあ実際、よく使われているのはどれぐらいのサイズなのか?

これが、いろんなサイズ、いろんな主張があって困る。
まあ画像サイズなんて好きにするのが一番ですからね。

縦800を基準にすると、このへんで多いのは横600×縦800と、あと横600×縦850なようで。

横600×縦850って……なんで?
どこから出てきた、その数値。3:4というわけでもなく、スマホの9:16でもない。
12:17……17出たよ、素数きちゃったよ。もうだめだ。

しばらく数字をこねくり回して、ようやくわかりました。
ほぼ1:√2。紙の比率だこれー!

わかってしまえば、当たり前っちゃあ当たり前なわけで。
同人誌なら紙に印刷するんですから、そりゃ紙の比率で作りますわ。
むしろ3:4のほうが、なんで一般的なんだよってレベルですわ。

というわけで、自分なりの結論。
web漫画は、デジタルを意識するなら横600×縦800、紙を意識するなら横600×縦850。

以上!



はくしゅへんじ。

> 健全なマッチョさんお久しぶりです!!!
でもモザイク入ったら健全に見えない!!!
そう思ってしまう自分の心が不健全なのかもしれない


よく覚えてたな! ParaSite2D6 RPG館は健全サイトだからね!
そうです、不健全に見えるのは見る側の心が不健全だからなんですー!
やーい不健全ー! ParaSite2D6 RPG館は健全サイトですー!


> 「ウィ」 が可愛かった

ありがとう! 君も可愛いよ!
(余談。最初に上げた画像は「ウィ」のセリフが入ってなかったりします。その数分間に見た人は……レアなバージョンを見たってことで)


> 必要なところがないならまず必要になるところを作る。

そして髪や肌がトーンのキャラを作って、描くのがめんどくさくなるんだ! ぼくしってる!


> えっハニワトーン廃盤してたんですか、確かに一定以上昔の漫画でしか見ていないかも……それにしても自作のかわいいですね!
漫画のおかげでシャーレイばかり見ていたら一番好きなキャラクターになりそうです(単純接触効果)昔は……ポンデ…ハニーリコリス……うっ撲殺


あのあと調べ直したら廃盤じゃなかったわー。調べ方甘くてごめんね!
かわいく見えたならよかった。最近見かけないのはデジタルでハニワトーンがないからかなあ……もっと昔から見かけないような気もするけど。
うれしいこといってくれるじゃないの。特に美味しい設定とかドラマチックなイベントとかなくても好きになってもらえるんだ! 単純接触効果すげー。
いや……でも単に君が妙な趣味ってだけかも……ポン・デ・リコリスとかおかしいやろ!

雑記 ] 2017/07/14(Fri)


7月も半ばになって夏アニメも出揃ったところで。
今季の隠れケモアニメ、メイドインアビスについて語りましょうか。

はい、原作読んでる派です。
アニメ一話目、風景すごく綺麗だし、ちゃんとポイントを押さえて編集されてるので、これはこの先も期待できます。
エンディングへの入りがね、すごくいいんだよ。グッと来た。主題歌の歌詞もいい。

少女と機械の少年のワクワク大冒険☆みたいな絵柄ですけど、物語の内容はかなりガチです。えげつないほどに。
出会った人達との別れを繰り返しながらただひたすら奈落の底へ進むしかない、残酷な物語です。
最初のほうはゆるーい感じなんですけどね。

どういう人にオススメかというと。
しっかりした世界観が好きな人。未開の地やら、そこに生息する不思議な生物にロマンを感じる人。

殺意高めです。
危険なとこでも「はいはい、どうせあっさり助かるんでしょ」って思っちゃうタイプの人は美味しく召し上がれると思います。
他にも(まどマギ以降に乱造されたような)不必要にグロいだけの作品に食傷気味な人とか。
いやまあグロい表現はけっこうあるんですが、ちゃんと物語に必要なグロです。

自分、どちらかというとグロいの好きじゃないんですよ。
グロけりゃいいってもんじゃないんですよ。おっぱい出しときゃいいってもんじゃないのと同じですよ。わかります?アンダスタン?
残酷でグロテスクな世界で、それでも己の意思を貫こうとするその姿が、尊く、美しいんだよ!

あとは、ケモナーの人。
どう見ても、作者……かなり重症なケモナーでしょこれ……上級者向けすぎる……
ケモだけでなくショタも……性癖のレベルが……

度し難いのが、現時点での情報だとアニメは1クール(13話)で終わるっぽくて。果たして原作のどこまでやるのやら。
原作の単行本は現在5巻まで出ていてですね。2クールで5巻の終わりまでやってくれれば盛り上がり的にもちょうどいいんですけど。
1クールだと4巻の真ん中までかなあ。
やっぱり5巻までやってほしいなあ。原作が完結してから二期をやるんだろうか。

この漫画、3巻からが本番なので……
そのうち盛り上がるからアニメ見ようぜ!って言っても、いつ盛り上がるんだよって感じですね。とりあえずケモくなるまで見てください。

原作の最初のほうは公式サイトで読めますので、アニメ第一話を見逃した方は原作でどうぞ。#02と#03が第一話にあたります。
スマホだとなぜか作品一覧のページ移動ができないので、PCモードにして移動しましょう。

ちなみに、個人的な推しキャラはオーゼン卿です。アニメだと5話ぐらいで出てきそう。
ちょっと身をかがめた姿が人外っぽいシルエットになってかわいい。
あんだけケモケモ言ってたのに推しが人間(わからんけど人の形をしてるので)ってなんやねんって言うのはナシで。

メイドインアビスはまだ原作勢には圧倒的供給不足なので、これからファンアートとか増えて欲しいところ。
いやほんと供給不足すぎて飢えてるんですたすけてください。
妄想溢れた同人誌ください!
オーゼン卿がジルオをひたすら見守るだけの同人誌とかください!(※本編にそんな絡みはありません。妄想です)
ケモショタ本? それは言うまでもなくみんな描くよね!(※個人の感想です)



はくしゅへんじ。

> 6ゾロ!2D6ですね!それはさておき。 面白いかどうか?これがわからなくて不安になったらスクショなり体験版なりを公開して反応を見るのがいいと思うんです、問題は反応してくれる人がいるかどうか

2D6です!
「問題は~」以降のところ、なにげに面白い着眼点だね!
話が逸れて恐縮なのだけれど、体験版を公開して反応を見るって行為、反応を前提としてるところがけっこうな落とし穴で。
極論すると「面白いかどうか」よりも「反応してくれる人が見ているか」が重要な要素になっちゃうんですよ。
反応がなかった場合、作品自体が箸にも棒にもかからないものなのか、見ている人がシャイなアンチクショウなのかを区別する手段がないわけで。
面白ければ必ずコメントがもらえるっていう思い込みは、コメントが減るだけで絶望して死ぬ病気になってしまうんで非常に危険。
コメントを送るのが恥ずかしいシャイなアンチクショウのみんな! 拍手だけでもちゃんと伝わってるから大丈夫だよ!
もちろん気が向いたらコメントもくれると嬉しい!

雑記 ] 2017/07/08(Sat)
やっほー、よい子のみんなー、ツクツクしてるー?

こんにちは! あまりにツクツクしてなさすぎて、ツクラー同士で話してても技術的な話になると気配を消してるパラ犬だよ!
RGSS? なにそれ?

没にした作品を引っ張り出して何かやろうと思ったんですけど。
ひさびさに触れると、作り方を忘れてる。

作り方ってのは、技術的なものだけではなく。
それよりもっと深刻な。
そもそもRPGの面白さって何だっけ?っていう。

これから書くことは、まだモヤモヤとした感じでどうにも上手くまとまらないけれど、少しばかりお付き合いください。

「何が面白いのかわからない」という感覚。
この感じって、バリバリ作ってるときにも経験してると思うんですよね。

これってスランプ=レベルアップの兆候として片づけられがちなんですが。
もっと恐ろしい何かである可能性があるのかもしれない。

技術的な「作り方」を忘れてしまった、と、「面白さって何だっけ?」のふたつ。

技術的な「作り方」を忘れてしまった、こっちの原因は明らかですね。作っていなかったからです。
バリバリ作っているときには関係ないことです。

「面白さって何だっけ?」。問題はこっち。
面白いという感覚を忘れてしまった。
これはゲームで遊んでいなかったから。
それがバリバリ作ってるときに起こるのはなぜか。

ゲームを作っているときに「制作が忙しくてゲームで遊ぶ暇がない」。よくありますよね。
誰もが一度は通る道です。
ここでインプット不足になるのは、まあ、当たり前です。

それに気づいて、次はインプットを増やそうとします。
しばらく離れていたけど、久しぶりにゲームやってみた! 新作ゲームのために本体を買ったよ! 面白かった!
そのゲームからいろいろと学び、忘れていた感覚も取り戻し、ゲーム作りにいっそう精が出ることになりました。

たしかにそれでレベルアップはした。
新しい技を手に入れて、より面白いゲームが作れるようになった、それは間違いない。
しかし、いくら耳を塞いでも、作者自身には心の声が聞こえるんですよ。
これは「面白さ」ではなく「あざとさ」なのではないかと。
これは本当に面白いのか、と。

面白さってのは、面白くする技術から生まれる。それはいまさら否定する物ではありません。
そこを否定して「技術で作った作品なんて面白くねぇ!」なんて考える者は、延々とダイスを振り続けて6ゾロが出るのを待つだけです。
(6ゾロ:技能なし値でも自動成功する出目)

面白いものを作るためにはその仕組みを知らなければならない。
しかし、手品のタネを知ってしまった者が手品を楽しめなくなるように、知れば知るほど純粋な驚きはなくなります。
楽しみ方はガラリと変わり、「このゲーム面白いなー」は「あの同業者、凝ったトリック使ってるなー」を表す言葉になります。

自分のゲームの参考のためにゲームをプレイするようになってしまった者は、作るのをやめてしまった後、もはやゲームをする理由がなくなってしまいます。
そこで初めて気づくのです。
大好きだったものが、この世界から消えてしまっていたことに。

「ここはこういう仕組みになっているから面白い」。そういう見方しちゃってませんか?
それ、本当にゲームで「遊んで」ますか?
今でもゲームは好きですか?

以上、夏なのでなんとなく怖い話風にしようとしたけど失敗したパラ犬でした!
チャオ☆



はくしゅへんじ。

> パラ犬さんの自画像(犬)の適度な無表情さがいいですね。ぬいぐるみみたいモフりたい
関係ないですけど一ケモナーとして、けものフレンズを見る前は見た目だけで決めつけてけもの成分が足りないと思っていたのですが、本編見たらちゃんと生態が考察されていて、好きになりました
SNSとかで見る、ただ猫耳つけてケモノっ娘ですドヤァっていいてるのは「いやそれケモ耳っていう別ジャンルだから!」って突っ込みたくなります。かわいいからいいんだけどね。かわいいは正義
「い」がやけに多いと思ったら誤字ってた。×いいてる〇言ってる


ありいがとう! COOLな犬だぜ! ようやく動きだけで雰囲気を出せるようになってきたっぽい。出せてるといいな。
そう、けもフレ、それな。放送前は「ケモノじゃないじゃん」って思ってたのに、やたら本気度高い擬人化獣だった。
最初にガチさを知ったのは、カバさんのデザインについての考察を見たときかなあ。
ケモノとケモ耳はジャンル的に全然違うよねー。住み分け大事。どっちが好きとか選べない! 別腹!
なんか「ケモナーはけもフレは邪道だと思ってる」っていう偏見があるのがどうにも困るわー。
「ケモノ(カタカナ表記)」に配慮して「フレンズ」って定義してる開発陣の気遣いがわからぬか!


> ハリメリハリ

凸凹凸
凸凹(でこぼこ)と凹凸(おうとつ)ってさー、順番入れ替えても単語になるのってなんかずるくない?
あと漢字の形のレトロゲーム感がパネェ。

雑記 ] 2017/06/06(Tue)
ツクラー同士で集まって雑談してたんですが、そこでふとしたことで、各自のサイトの過去を語り合う流れになりました。

掘り出される思い出、そして黒歴史。サイト持ちというものは皆、業を抱えているものです。

というわけで今日は、昔の話をしましょうか――

「RPG館」と名前がついていることからなんとなく察せると思いますが、かつてはParaSite2D6の「本館」がありました。

RPG館のブログは最古の記事が2005年なんですが、それより前から本館の日記というものがありまして。
本館の日記からRPG制作関係の記事を分けたのがRPG館のブログということになりますね。

で、本館には何を置いていたかというと。
それがさっぱり覚えていない。

一応、小説サイトだったはずなんですが……
ひょっとしたら日記以外はスカスカだったのかもしれません。
同人誌から再録した小説ぐらいはあったと思うんですが、せいぜい短編が2、3本のはず。
その状態でなぜRPGを別館にしようと思ったのか。

本館はもともと、高校時代の生物部の仲間同士で、卒業後になかなか会えないもんだから「各自ホームページ作って日記書こう」みたいなノリでできたような記憶があります。
たぶん、内輪ネタだらけの日記だったから、全世界に公開しても大丈夫なものだけ分離したのでしょう。

十五年前の内輪ネタ日記……
もう、字面だけでヤバい香りがプンプンします。
十五年前って何なんでしょう。自分、今、十五歳ぐらいの感覚なんですが。0歳児の頃の話でしょうか。
この世のほとんどの人は、自分が十五歳ぐらいだと思ってるんじゃないでしょうか。知らんけど。

二つのサイトとなると片方は放置されるのが世の常でして。
本館は、いつの間にか借りていたサーバーがなくなっていて、この世から消滅しました。
広告の少ない無料サーバーってのはそういうもんですね。
バックアップがあったとしても、なにぶんあの頃はMOに記録していたので、もう読むことができません。
記録媒体の寿命が長いのが売りだっのに、流行の寿命が短いじゃねぇかこの野郎!

まあこれで永遠に闇に葬られたのなら、それでいいのです。
黒歴史は闇に、塵は塵に還るのです。
いやー残念残念、読めないのならしかたないなー。
めでたしめでたし。

……と、思っていたら。
今日の日記のために関連資料を探っていたら。

その過去の自分を、過去の自分が晒しているのを発見してしまいました。
何さらしてくれとんじゃこいつ!

2007年に記された、2002年の記録。

なにが「それがちょっとやそっとの昔じゃない。五年前。超昔。」だよ! おまえなんか今から見れば十年前だろうが!
過去の自分を未熟だと称することで自分は成熟してますアピールするのやめてください!
そして十年経っても大して変わってない! 今ここでやってることは、何ら変わってない!
なにこれ無間地獄なの? 怖い!

過去はいつだって、思わぬところから我々の傍に忍び寄り、心臓を貫きに来るのです……



はくしゅへんじ。

> 届け!太古の想い!〇〇〇〇!!←お好きな術、技の名前をどうぞ(詠唱っぽかったので)
そして太古でもあながち間違ってないっていう


(言えない、素で太古の想いって読んでたなんて言えない)
ニ、ニホンゴムツカシイネー。
届け!太古の想い!ニホンゴムツカシイネー!!←とりあえず入れてみた

> ロマンを口から補給する

ロマンを口からであり口マンをロからでありロ口ロロロロ(←間違い探し)


> He,He....Hexション!!!

ヘクすのやめい!(ヘクす:Hexを使ってボケること)

雑記 ] 2017/05/29(Mon)
はい、また蜂の巣ネタですよー。
虫系のネタは需要がない? 知らん!

蜂の巣を食べると、蜜蝋が口の中に残るのが難点でした。
調べたところ、蜜蝋は温めると溶けていいらしいとのこと。なるほど蝋ですからね。
ところで蜜蝋と鉄郎って似てますね。あとメイプルとメーテルも似てますね。

そんなわけで、クロワッサンに切り込みを入れて温めて、巣をインしてみました。
温めた後でインするのがポイント。
ハチミツは加熱すると香りが飛んじゃいますから。

軽く冷ましてクロワッサンの表面がパリッとするのを待って、実・食。

こ、これは……
理想のハチミツパン!

温めたパンにハチミツを塗ると、どうしても染み出てきてしまうじゃないですか。
クロワッサンなんてダダ漏れですよ。
それが、巣があることでほどよくホールドされて、噛んだときに中から蜜がジュワッと出てくるんです。
このジュワッがね、とてもいいんですよ。パンといえばジュワッですよ。
濃厚なハチミツがクロワッサンに含まれるバターと合わさり魔性の食べ物と化す……!

 結論:やっぱり巣の部分いる

蜜蝋が口の中に残るアレは、パンと一緒に食べれば普通に喉を通るので問題なかったです。
そのまま食べたってのが失敗だった模様。



はくしゅへんじ。

> クリスタって3Dを読み込んで漫画作れたような。今こそパラさんのスキルが火を噴くとき……!

昔のデータ残ってないYO……
最近はクオリティの高い3Dが多いからモデルデータを簡単に作れるようになってるのかと思って公式見たら、作り方は昔と全く変わってなかった件。
メタセコと六角大王っていつのまにセルシスに版権移ってたんだ。絶好調だなクリスタの会社。



| 。
|00000000000000000000 /000000。
|0000000000000000/⌒丶/
|0000000000000 / 冫、)
| - ⌒ ^000`000/
|000000\00000000000/
|/00000000~000/
|/000000000000000) 
|000”00000000000/
|000000000000//000000_|\○_オネガイシマァァァァァス!!(todoketaikonoomoi)


ずれまくっとるやんけ!!!!!!
想いだけじゃどうにもならない事も……ある!


> Hex is ロマン

ボードゲームも、四角いマスよりヘクスマップのほうがかっこいいと思う。
かっこいいからといって遊びやすいとは限らないけど。
ロマンとは、眺めるだけでいいのさ……(←戦略SLG苦手

雑記 ] 2017/05/24(Wed)
やあ。最近ロマン、足りてる?

スーパーで蜂の巣が売られていたので買ってきました。



巣です。おもいっきり巣です。まじ六角形。
成城石井で1392円。べつに季節限定商品という感じでもなく、普通にハチミツのコーナーに並んでました。



「蜜蜂の巣は食べられる」。
それを知った子供の頃の私は当然のごとく思ったものです。食べてみたいと。
蜂さんが作った巣をグッシャア!して、手づかみでムッシャア!ですよ。
これをロマンと呼ばずして何と呼ぶのでしょうか。

まあ、さすがに手づかみはアレなので、スプーンでサクッと。

201705232s.jpg

実・食。

うん、ハチミツ!
濃厚でありながらえぐみがなくさっぱりとした後味の、うん、ハチミツ。高いハチミツの味。
そりゃ、ハチミツだからね!

美味しいですよ。だが、味のコメントを私に求められても、無理!
じゃあなぜ食べ物をネタにしたって感じですが、これは蜂の巣がロマンなのであって、うん、書けば書くほど食レポから離れていくね!

味はハチミツだとわかっていながら、それでも手を出さずにはいられない。
それがロマンってやつだろうよォ……

美味しいけど、蜜蝋が口の中に残ります。モソモソしてます。

 結論:巣の部分べつにいらない

いいの! こういうのはロマンなんだから!



はくしゅへんじ。

> 今日を中心にチェスのナイトの移動先なんで、タイムリープして3日と13日も更新してください()

もうなんでもありだな!
過去に干渉するんじゃない! 世界が滅亡するぞ!


> RPGツクールを買えばRPGが作れる。そう考えていた時代もありました。そう、環境を整えるだけで満足民です…作るよ…作る。うん

う……うわ……うわああああ!!
RPGツクールを買えばRPGが作れる……作れるはずだったんだ……
うわああああ……


> グロ注意画像見てマリオのアッフンを思い出した

きが くるっとる
デザイナーは何を思ってあんな顔にしたんだ……


> ペン入れ難しいですよね。自分は漫画家の森薫さんのペン入れ動画見てから、線画を描くのが少し楽になりました。線1本描くのに1回で描ききらなくていいんだって、当時は目からウロコでした。

ペン入れ動画!そういうのもあるのか! さっそく見てきた!
すっごい重ねてた! 思った以上に重ねてた! ペンってこんな線の引き方していいんだ!
なんか一本で引かなきゃいけないって思い込みに囚われすぎてたよ。
ただクリスタでこういう線の引き方をすると、補正ツールが完全に役に立たなくなるのが問題……


> ボツのやつ、バランスはバランスでも顔パーツの配置バランスがちがうのかな

まず輪郭が円の時点でどうにもならないんじゃないかな……あと眉毛ないし……
ふと思ったんだけど、福笑いって顔のパーツの配置がおかしくなるのを笑う遊びじゃん?でもあれ、完璧に配置しても美人になったりしなくね? 罠じゃね?


> アニメ化か~。次はフィギュアor可動フィギュア発売で…、製品と先生の作品が勝負する日が来る!

ねんどろいど→figmaの順だな!
そしてその後にスケールフィギュアの企画が出て……原画の立体感の破綻っぷりに原型師さんが苦しむことになる! 勝った!

雑記 ] 2017/04/30(Sun)
見た目につられて買ってしまった品。



蛙田捕太郎さん、コバエ取りです。
コバエいないのに。
この見た目、ずるくないですか。こんなんお持ち帰りしてまうやろ!

たしかガチャにもこんな感じの座ってるカエルがあった気がしますが、フィギュアじゃない商品にくっついてるというのがロマンなのです。
※ 当サイトにおける「ガチャ」は基本的にカプセルトイのガチャであり、ソシャゲのガチャではありません
※ 「ガチャポン」はタカラトミー、「ガシャポン」はバンダイにより商標登録されています(豆知識)




どうですか、このたたずまい。すばらしいと思いませんか。

あと、これは個人的にとても重要なことなんですが。
「カエルは取り外し可能か否か」。重要ですねここは。



可能です。
接着等はされていません。



この腹のプヨり具合が非常によろしい。
これ作った人はわかってるねー。

さて。
問題はコバエがいないことですが、どうすっぺ。

せっかくなので虫を捕らせようと思ったわけですが……
ほら、やるでしょう、食虫植物に虫をつっこんだりルンバに餌をやったり。

わりと守備範囲狭いんですよ、これ。
ショウジョウバエオンリー。「チョウバエ、キノコバエ、ノミバエなど種類によっては誘引されない場合があります」って。



コバエの中でも効きづらい種類があるって、商品としてはわりと痛手ですね。
普通はコバエの種類ってあんまり気にしないと思うんですよ。
効果をレビューしたサイトがありましたが、写真に写ってたのはキノコバエだったぐらいですし。

自分の周りでショウジョウバエってあんま見かけないんですよ。
見かけたら無駄に観察しますよ。目の色が赤か白かチェックしますよ。メンデルの法則。
そろそろ虫の話についてこれない人がいそうですが気にしません。
うそごめんちょっと気にする。

たまに見かけるのはチョウバエ。なんかハエと蛾を混ぜたみたいな見た目してるやつ。
小さい頃に「こんな小さな蛾、図鑑に載ってない! 新種だ!」と思ったもんです。ぬか喜びさせやがってハエじゃねぇかコノヤロー。しかもわりと普通にいる。

なんか虫の記事が続いているので、虫好きみたいな感じですが、別にそうでもないです。
ほら、虫っていろんなのがいるから、ひとまとめにできないし。
そういう意味で、好き度ランキングは人間と同列ですね。虫ケラ共め。



はくしゅへんじ。

> 次の更新は30日か(強い正の相関関係)

そんなんじゃないしー! 全然そんなんじゃないしー!
……あれ?


> (なに書こうとしたか忘れた)

なぜ送った貴様ァァァァ!!


> ソビエトロシアではDVDがあなたを監視する!

くっそ、素で上手いと思ってしまったせいで返しが思いつかない。
君が持っている二頭の牛を没収してやろうか!


> クレティアがビンタで尋問してる絵が見たーい!!><

ねぇよ!


> 登場人物ほぼ全ての人生を語れるせいで本編がどうしようもなくつまらないのをどうにもできない地獄。

作者と読者の知識が違いすぎて面白さを語りづらいってのはあるね。
違うんだこいつが萌え要素を発揮するのは本編にないシチュエーションでー、みたいな。

雑記 ] 2017/04/24(Mon)
「DVDミレル」という名前のDVDドライブを見かけましてね。
DVDミレルて。なんというRPGツクール感。

動詞をそのままつけちゃうネーミングって、地味にすごいと思いませんか。
用途がすぐにわかるっていう。
ドラえもんの道具っぽい。あと、小林製薬。

RPGツクールって、RPGを作れるソフトです!って、見ただけでわかるじゃないですか。
それでいて語呂がいい。語呂の良さ、大事。

「○○できる」といえば、「ら抜き言葉」って最近あまり問題に上がりませんね。
「見れる」も本来は「見られる」が正しいわけですが。
「DVDミレル」が「DVDミラレール」だと、ちょっと冗長ですし、まるでDVDに見られているようです。
我々がDVDを見るとき、DVDもまたこちらを見ているのだ。

わかりやすさとオリジナリティが大事というのは、作品のタイトルにも言えることで。
そういうタイトルをつけたいなあ、と、常々思うわけです。

ラノベにありがちな「○○が××した件」系のタイトルも、萌え属性がわかりやすいという点では機能的なんですよね。
二番煎じが出る前にこれ系のタイトルをつけた人はすごいと思います。タイトルの概念を破ってますよ。
もっとも、最初につけられたものとなると、VIPとか江戸時代の絵巻物とか、とにかく古いものを探すゲームになってしまって何がなんだかわからなくなってしまうのがオチですが。

結局何が言いたいかというと、RPGツクールというネーミングは、やはり天才的だと思います。



はくしゅへんじ。

> 虫にこんなに接写できるなんて…よく逃げられちゃうんですけどコツとかあるんですか
(言えない、最初、武士に拙者、って打ち間違えたなんて。どこの武士だよ


拙者、蚊を殺気を放たずに指先で潰す技を持っているでござるが、風を起こさなければ虫は案外捕まえやすいでござる。
今回は単純に、間に窓ガラスがあっただけでござるよ。
あとトリミングしているから実はそれほど接写でもなかったりするでござる。


> 小説が書かれないという流れがある意味すでに物語というか

何かが生まれ、死んでゆくことは、一つの物語。
見よ、我々はひとつの大きな物語に立ち会っているのだ。
没を悲しむことなかれ。書かれなかった作品は、存在したこと自体が物語なのだ。

雑記 ] 2017/04/18(Tue)
休日のできごと。
唸るような羽音と窓に何かが断続的にぶつかる物音に目を覚ますと、ガラス戸と網戸の隙間にこいつがいました。

201704181s.jpg

ニホンミツバチですよ! レア! 実物はたぶん初めて見ました。
よく見かけるセイヨウミツバチと比べると明らかに小さいです。
写真では区別がつきにくい二種ですが、肉眼で見るとはっきりと違う種類だとわかる感じです。

それにしても、ミツバチってアップで見ると面白い造形してますね。

まずモフモフ。虫のくせにモフい。
花の蜜を吸う虫はだいたいモフいですが、ミツバチのモフっぷりは群を抜いています。
これもうケモノに分類してもよいのではないでしょうか。よくないです。

あと脚。前脚は隠れてるから中脚。なんなのこの幾何学的なギザギザ。
くっそ細い。こんなんフィギュアだったら一発で折れる。

ミツバチに限らず、自然物って細かいところの造形がすごいですよね。
萌えは細部に宿る。



はくしゅへんじ。

> 4面ダイスは転がらないですね。逆に。

転がらないね。ちょっと尖りすぎじゃないですか四面体。
そもそも4面ダイスっていつ使うんだろう。
必要だから買うって類のアイテムじゃないよねアレ。買ったけど!
わざわざ用意しなくても、普通の6面で5と6が出たら振り直したほうが早い件。


> 犬先生の作品を尊敬してます。特に好きなのはブレイブクエストです。応援してます。大樹期待大。
昔風RPG好きなので自作可能と思い、ツクールXP買いました。でも作れなかたです。どしたら作れますか?RPG作成講座がDOT絵講座の横に鎮座する時を待つ。RPG館に期待なり。


応援ありがとう。
どう見てもツクール歴長い発言であり講座いらない系だな貴様ァ!


> 更新が1日→5日(4日後)→13日(8日後)ってなってるから、次は25日(12日後)か29日(16日後)かな。。。

どんな法則やねん!
日記の更新関数f(x)の式を求めるんじゃない!


> いつも「軽く短編でも書こう」というところから設定の作り込みをしているうちに完成しない人間ですが、最近遂に明確な没を経験しました。すっきりしますね! 癖になりそうです!
でも作り込んでいる方は「いつか完成させるつもりだから……」とずるずる続けてしまうんですよね。主人公の人生を語れるのに一切外に出せるものがない……つらい!


隅々まで同意。やったー仲間だー!
重荷が負担だから軽いものを新たに作ろうとしたのに、実際は重さがプラスされる繰り返しっていう。
そうやって積み重なった重みは、他の事をやろうとするたびに存在感を主張して邪魔をするんだ。
そして長引けば長引くほど追加される「こんなに時間かかったんだからいいものにしなきゃ」という気持ち!
愛がなくなったから捨てたんじゃないんだ。抱えきれないから没にしたんだ。
この世のあらゆる作品において、完成を最も望んでいるのは他の誰でもない作者自身だというのに! つらい!